<< 2016年度・JB生野銀山湖・第4戦、「銀山湖一の往生際の悪さ!」 | main | 東条湖ウインターリーグ・第1戦「アクティブカップ」! >>

アクティブ・ボンバーヘッドで鯛サビキに挑戦!

こんにちは、ミラクル谷田です。

2016年12月29日(大潮・中日)に釣り仲間の船頭と鯛釣りに出かけてきました。

 

朝、マリーナにて誰も居ない暗いうちから準備をして、夜明け前に家島沖のポイントに到着。魚探がけをしながらエリアを見定めて、仕掛けの準備をします。

 

欲張りなミラクルは、仕掛け上部のスナップサルカンにアクティブ・ボンバーリグ(ストレート)レッドを装着してみます。

 

 

 

 

こうすることで上部にあるサルカンの位置が良くわかり、サルカンを巻き込んでティップの損傷なんて事も無くなります。

 

さらに前回釣行の際、皮一枚掛かりの身切れバラシが多発したため、ドラグは緩めに調整しておきます。そうこうしていると、すぐに夜明けがきました。

 

 

 

 

朝マズメの一流し目、沖磯に着く真鯛を狙います。シンカーを海底に着底させゆっくりとマキマキ。何回かこれを繰り返し、魚探に反応がある層でサビイてバイトを誘発すると、サビキ後のフォールで、糸がフケタまま…??

 

 

急いで巻き合わせてみると、グングングンと久しぶりな、この手ごたえ♪♪

 

 

鯛特有の引きを堪能しながら、慎重にゆっくりと巻きあげます。この釣りでポンピングはバレが多発するため禁物です。テンションを掛けながら慎重に巻き上げます。

 

 

見えた魚影は、ピンク色のまさしく真鯛!!

 

 

1本目から50cm弱のナイスサイズ。この1本を皮切りに巻き上げ中にもバイトが出るようになり、このエリアで数本しとめてから場所移動。

 

 

 

 

潮の動き出しを捉えて幸先の良いスタートとなりました。

 

 

次のエリアは比較的緩やかな沖磯を狙います。

 

 

ここでは、シンカーをアクティブ・ボンバーヘッド80gに変えてアクティブ・ボンバーリグとのコンビネーションにチェンジ。

 

 

 

 

着底後ゆっくりと巻き上げ、

 

 

ココッ、ココッ、ココッ、ココッ…。

 

 

焦る気持ちを抑えて、絞り込まれるまで待ちます。

 

 

そして、ギュン、ギュン…。

 

 

手首を返してフッキング!

 

 

やっぱり真鯛の引きはたまりませんねぇ♬

 

 

『今日は連チャンが無いねぇ〜〜?』なんてボヤイていると、鯛にもしっかり聞こえたようで、2連チャンで釣れてくれました。

 

 

 

 

次は巻上げからのフォールでバイト。今までの経験から、フォール中のバイトは大物が多くでます。

 

 

グングン、グングン、ギュイーーーーン!!

 

 

??????

 

 

70mほど走られたところで、頭をこちらに向けることができました。

 

 

ラインが無くなるかと思いました、どうやら青物のようです。タダ巻きでは太刀打ちできないため、親指でスプールを抑えてゆっくりポンピングしながら寄せます。

 

 

何回か走られ、やっとの事で40mほど寄せたところで、

 

 

…プン!!

 

 

ラインブレイク…。

 

 

…。

 

 

サビキ仕掛けのモトス部分からブレイクしていたため、悔しい。アクティブ・ボンバーヘッドをぶら下げている青物が釣れたら、それはきっとミラクルのバラした魚です。

 

その後も各ポイントでポツポツ釣れましたが、午後から北西風の荒れ模様だったので、風が強くなったタイミングで納竿としました。

 

 

今回ミラクルは50cm弱の真鯛を2本を含めて合計10本ほど釣る事ができました。

 

 

 

 

もちろん、30cmに満たない小さな鯛は海に戻してきましたよ。

 

 

 

 

使いやすいアクティブの鯛ラバアイテムを持って、皆さんも鯛釣りに出かけてみはいかがでしょうか?

 

 



アクティブ・ホームページへ


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode