<< アフター5に野池へ出撃! | main | GAM&ZAGで死角なし! >>

春までの試合を振り返って!

皆さん、わくわくドキドキの釣りしてますか?キンプロこと山田です。

私は毎回、バスフィッシングのわくわくドキドキを楽しんでいます。ではでは少しの間、私の釣り話にお付き合いください。

3月に入るや否や、各フィールドで春らしい体高のあるバスが釣れだした!と言う情報が飛び交うようになりました(私が発信元でないのが淋しい限りです)。そんな情報を聞くと、ウズウズしてくるのが釣り人です。私もご多分に漏れず3月から本格的に動き出しました。と、言いながら、まずは今年の初戦から振り返らせてください。


今年のトーナメントのスタートは1月のチャプター池原でした。なんとか1匹は釣ってウェイインするぞー!と意気込んで出かけましたが、どうも池原バスとの相性が良くありません。

前日のプラクティスからバスの姿すら見られずじまい。仕方なく試合当日は冬の定番場所(屋敷跡)に陣取って、ひたすらバスからの反応を待ちましたが、最後まで返ってきませんでした。

少し離れたところで釣っている選手がいたので、エリア的には合っていたとは思います。バスに嫌われてますかね?私のところを避けたって感じです。


そして2月。バスフィッシングは小休止です。本格始動はやはり3月からです。

3月下旬のチャプター津風呂湖。そして4月頭のJB津風呂湖戦に向けて、マイフィールドでもある津風呂湖に毎週末入りました。

まずは3月第1週目。今年の津風呂湖はどんな感じなのか?エリアの水質はマッディ、水温11℃、天候は晴れ。ベイトのワカサギはチラホラ水面で弱々しく漂っています。

今年の1月、2月は暖かく、そのままの気候が続いているような暖かい週末でした。バスも春の陽気に誘われたのか、水温11℃にもかかわらずシャローにさしてきていました。

しかし、どうもシャローで小魚を捕食するような感じではありません。投げたルアーに見向きもせず、興味すら示さない状況でした。

第2週目は、一転冬に逆戻り。シャローからバスが消えてしまいました。湖に訪れた釣り人の口からも「…厳しい」の声しか聞かれなくなりました。そんな中でも釣ってくる人はいるものです。

なんでも今年は、津風呂湖の香束筋中流域が熱く、ミドストが効くとのことです。意地っ張りな私は、情報に乗って動くのがシャクなので、自分らしい釣りができる場所を探しました。

毎回、同じ時間・同じ場所に入り、その時のバスの状況を把握し、一歩一歩春のバスに近づければと思い入り続けました。そして、やっとバスを手にしたのが3月末のチャプター津風呂湖の初戦でした。 


長かったです。


釣ったエリアは入野筋最上流の岬。バスがシャローにあがる通り道の変化を狙いました。こんな時は、やはりダウンショット。アクティブ・RSトーナメント1/16ozを水深3mに置き、できる限り動かさず、風で揺れる程度の動きで待ってると、明確なあたりが!

フッキングもバシィッと決まり、難なく手にしました。





サイズはイマイチでしたが、貴重なキーパーサイズ。

この時期のトーナメントはウェイインすることが肝心です。参加者49人でウェイインが10名。私はドン尻でしたが、年間を狙うのにはこの1匹とポイントが大切なんです。

これでJB津風呂湖戦に弾みがつけられました。


翌週の土曜日は自信を確信にするために、前日プラクティスに挑みました。本戦はホゲれません。その意味でもプラクティスが肝心。自分だけのポイントを見つけることです。

前週からの選手の動きを見ていると、入野筋上流、香束筋中流域に集中することは予想がつきます。鬼輪でバスのスポットが見つけられればアドバンテージになることは確かです。

パラダイスを見つけようと鬼輪を重点的に探ることにしました。水温12℃、晴天。厄介なことに強風が吹き荒れています。本戦には吹かないでほしいものです。

さて狙うはやはり岬。サイトで探し、いなければレンジを下げて探りました。ひとつ、ふたつと岬を周り、中流域の開けた岬に何匹かのバスを発見しました。すべて40アップです。シャローを意識してエサを探している様子です。

これはチャンスとダウンショット(PE 16lb、リーダー:フロロ 8lb、アクティブ・RSトーナメント3/32oz)をバスの進行方向であるシャロー側に投げてステイ。

バスに気づくようにナチュラルシェイクしていると、バスが一旦行き過ぎて、Uターン。そして食いました!


デ、デカい!


一気にラインが走ります。デカバスを意識したタックルです。少々の無理も安心ですが、やはりバラすのは嫌です。慎重に沖まで誘導して、やり取りしながら手にした一尾。





あまりの引きにフックは伸びていました。

アクティブ・フィッシュスケール2kgで量ると振り切れてしまいました。





その後、プラだというのに同じエリアで2本追加。「このポイントは明日もイケる!」他の選手に目撃されていません。これって一人だけのパラダイス⁉ ひとりでニヤけていました。

この場所は明日のメインにするとして、いろんなエリアをチェックしに移動しました。前週チャプターで好感触の入野の上流では、またアタリを確認。ここも好ポイントですが、混雑は避けられないはずです。やはり鬼輪をメーンに組み立てることにしてプラクティスを終了しました。


さあ、本番。JB津風呂湖・第1戦。

スタートは34番と遅めです。私の入りたいポイントはノーマークのはず。問題は天候と風。プラの午後から強風でボートの操船もままならない状況でしたが、当日は朝から強風。これはヤバいです。シャローに打ちつける波で壊滅するのでは?と心配でした。

スタート開始。やはり選手はスタート地点から左側の香束筋、右側の入野筋を目指しています。私が目指すのは真ん中の鬼輪筋。数艇が向かいましたが、私のポイントには誰も入っていません。

さて、バスがさしてくるであろう時間は10時前後。近場でバスを探しながら、じっくり待ちました。風が強くシャローに打ち付けています。太陽も薄日。これはヤバい。嫌な予感してきました。

そうこうしていると回遊のバスが2匹現れました。シャローに止まる気配がありません。少し追っ掛けて進行方向にダウンショットをキャストするも反応無しです。

さらに30分後に、表層を泳ぐバスを発見。アクティブ・MSトーナメント1/32ozのワッキーリグで誘うも、これまた反応無し。時間があっという間に過ぎ11時。釣りができるのは、あと1時間半です。

このままではホゲってしまいます。一旦バックアップ場に行って、1本でも仕留めて戻ろうと決め、入野上流を目指しました。

それが到着してびっくり。予想以上の選手がエリアに浮いています。投げるところすらない状況です。それでも無意味なキャストを数投。これでは釣れません。この場を諦めて戻ることにしました。

そしてエリアに近づくと予想もしなかったオカッパリの釣り人がポイントに居てる。これはダメだ…。残り時間1時間。焦るだけで、釣りが雑です。これでは釣れません。無情にもタイムアップ。完敗です。

初戦が肝心であると自分に言い聞かせていたのに失敗です。確実に1本取ってから、狙いに行けば良かったです。毎回反省しているのにまたやってしまいました。このお返しはJB生野銀山湖戦です。気持ちを入れ替え、再スタートです。

また不甲斐ない報告になるかもしれませんが、ぜひお付き合いください。

それでは、皆さん、いい釣りを!



アクティブ・ホームページへ

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode