<< チャプター池原・最終戦に参戦しました! | main | JBマスターズプロシリーズ最終戦・3位入賞! >>

初秋の津風呂湖に行ってきました!

お久しぶりです、山田です。
バスプロなのになかなか結果が出せず、悶々とした日々を送っている今日この頃です。しかし、こんな状況を打破するのは、やはりフィールドに立つことですね。

8月後半から毎週末、メインフィールドにしている津風呂湖に浮かび始めました。すると最初のうちはアタリすらなく、コテンパンにやられていましたが、徐々にバスからの反応が感じられるようになり、バスのポジションが解りはじめると、良型が釣れるようになりました。



そして9月の声を聞くと空気が入れ替わり、朝夕はヒンヤリ。と言っても湖の水温はまだまだ夏。バスの釣果も維持していました。



狙い目は王道ではありますが、やはり手堅くバスを手にできるのは水通しの良い岬周りです。ヘビーダウンショットを岸際に落とし、弾くように落としていきます。

日によってバスが食ってくる深さに違いはあるんですが、だいたいは4〜5mの水深でフォール中に食ってきます。ラインの動きやロッドの穂先の微かな動きをとらえることが肝心です。

そして私のこだわりは、スイベルを活用することです。スイベルとフックの間隔は長くて5cmまで。アクティブ・キャロスイベルをフックの上、3〜4cmに私はセットします。



リグるのにひと手間かかりますが、メリットは絶大なものがあります。まずメリットの第一は糸ヨレの解消。ヘビダンで何度も何度も撃っているうちにワームが回転して糸よれを誘発します。しかし、スイベルを使うことでワームの回転が抑えられます。またワームが真っ直ぐ泳ぎ、自然なベイトを演出してくれます。

私はスピニングのダウンショットでも活用してます。もちろんキャロでも!

あと結び目が切れないか…?と心配されるかもしれませんが、案外大丈夫です。画像は40UPのバスですが、ガンガン巻いて抜き上げても切れませんし、スイベルも特に問題ありません。

心配な場合はスイベルの上下をダブルクリンチノットで結ぶと心に余裕が…。では皆さん、いい釣りしてください。

 

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode