<< JB生野銀山湖・第2戦に参戦! | main | 梅雨入り前の岡山県・吉井川にて! >>

JB生野銀山湖・第3戦、第3位!

こんにちは。山田からのフィッシング報告です。去る7月1日(日)に行われたJB生野銀山湖・第3戦、奇跡か実力なのか?前回からひとつ下がりましたが3位となり、今回もお立ち台に登れました。

ウェイインしたのが2本・848gでしたので、「流石にお立ちはない…」と思ってましたが、他の選手のウエイトも伸びなかったこともあって、うれしい結果が舞い込んできました。

では喜びはさておき、大会を振り返ってみます。前日プラで全湖をサクッと回ってバスの状況を見てみると、黒川最上流に目視できる40〜50cmのデカバスが10匹以上流木に付いているのが確認できました。どれも釣れたらお立ち台確実のバス達です。

でもこの状況は、黒川に上がって来たすべての選手が確認しているでしょうから、早い者勝ち!になることでしょう。あとは当日のフライト順に期待するしかありませんが、あのバス達は魅力でした。

そしてトーナメント当日。今回は運良くトップスタートとなり、迷わずデカバス狙いに一目散。私が到着して、狭いエリアで10人程がひしめき合い、バスを狙いはじめました。ある選手はオーバーハング下を狙い、またある選手は浮きゴミを狙う。で、私はみんなとは逆サイドから流木に付くデカバスを狙う作戦で、サイト開始。

プラより数は減っていますが、バスはやはり居ます。

まずはノーシンカーで狙うも、ルアーやラインを感じてすぐ逃げる、超超超・天才君です。何度も何度も攻めるんで、更にバスが警戒して一向に反応してくれません。1時間が経ち、また1時間が経つ。このままでは泥沼に入ってしまうパターン。しかし、このデカバスを一度見てしまうと離れられません…。

そこで、頭を切り替え、一旦バスを観察することにしました。

デカバスは表層に浮いている小さなベイトを見ているような感じでした。表層で食っているシーンは見てないので、さてどこで捕食しているのか?ひょっとしたら弱って表層に浮けないベイトを底で食うのでは?と考え、ベイトの群れの中にアクティブ・RSトーナメント1/16ozダウンショットを落とし、底でステイ…。

すると明確なアタリで食ってきました。狙っていたデカバスではありませんが、うれしい35cmくらいのバスです。このパターンが続くかと思ったのですが、ベイトも移動するし、狭いエリアなので選手がポイントの上を通ったりするので、場所を休めることにしました。

そして1時間後、待望の2匹目も同じ場所・同じリグでヒット!リミットメイクまであと1本。

しかし帰着の時間が迫ってきました。あと1時間早ければ…と若干悔いは残りましたが、あの場面でアジャストできたことが3位の結果をもたらしてくれた事は言うまでもありません。



こういうことがあるからトーナメントは止められません!
皆さんも友達同士で競ってみてはいかがでしょうか?新しい発見が見付かるかも…?



それではいい釣りを!!!

≪タックルデータ(ダウンショット用)≫
ロッド:6.3f(L)
リール:スピニングリール
ライン:フロロカーボン 3lb
ルアー:ワーム
シンカー:アクティブ・RSトーナメント1/16oz


アクティブ・ホームページへ


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode