2019年、生野銀山湖の初バスゲット!

こんにちは、ミラクル谷田です。
今年は降雪もほとんどなく、本当に暖冬になってしまいましたね。雪解け水が海に届かないため、海の恵みへの影響が心配です。
 
さて、3月10日(日)に今年の初バス釣りのため、兵庫県・生野銀山湖に出かけてきました。

 


 

 

生野銀山湖の水位、気温、大潮等を見ながらX-dayを予想して出かけました。
 

 

まずは様子見に法道谷ワンドに寄り道をしてみましたが、反応も気配も無いため早々と見切りました。続いてビッグベイトでサーチしながら、ゆっくりと上流を目指します。
 

 

立木、浮きゴミなどめぼしい箇所にアプローチしていきますが、無反応…。

 

 
中流域の立木まで流していくと、やっといましたデカバスが、、、。しかし、タイミングが合わずアプローチが出来ませんでした。
 

続いて、浮きゴミの下にバスの姿が見え隠れしていたので、ノーシンカーリグでアプローチ。魚からの反応が無いので、アクティブ・MSトーナメント1/96ozを入れて少し沈めてみることにしました。

 

 

 

 

すると、ゴミの中から出てきたバスが、“ハフッ!” っと、ひと飲みに!
 

 

ロッドをあおりながらラインを巻き取り、魚の重みを感じながらフッキングに持ち込みます。しばらく、魚の走りに耐えながら、ボートで追従し、落ち着いた頃に魚を浮かせます。
 

 

大きく曲がるロッド、ラインは3ポンド!
 

 

口をあけながらボートの下から出てきた魚は、確実に50UP。ボート際でエラ洗いする魚を、あわてて、ハンドランディング。ネットの存在を完全に忘れてました…。

 

 

場所を休めるために、少し時間をおいて再び同じカバーにアプローチしてみます。浮きゴミの際をゆっくりと通していくと、中からゆっくりとバスが出てきて、口を使いました。

 

 

これもナイスサイズ!
 

 

カバーに巻かれないように慎重にやり取りして、沖に誘導します。大きく曲がったロッドを支えながら、じっくりと寄せて無事にネットイン。今度はネットを使いました。


 
これも余裕の50UP!

 

 

 

 

こうなると3本目が欲しくなります。しかし、この釣りでは限界に来たのか、反応が無くなってしまいました。

 

続いて、別の釣りを模索するために、アクティブ・MSトーナメント1/11ozを入れたネコリグをフロロカーボン8ポンドのベイトフィネスタックルでアプローチ。
 
もちろん、アクティブ・WTトーナメントを使用して針持強化済みです。

 

 

 

 

岸際にキャストして、ロッドワークで徐々に落としていきます。
 

 

そして、数投目!
 

 

アクションさせたロッドティップに微かな重みがあり、すぐさまフッキングして魚を浮かせます。強烈な引きを強引にねじ伏せて上がってきたのは、ブリブリの40UPでした。
 


その後もしばらく調査しましたがノーバイト。雨足が強くなってきたので早めの納竿としました。

 

 

 

 

今年初の生野銀山湖は、とても良い結果が出て、大満足の釣行でした。

 

 



アクティブ・ホームページへ


2019年はGAMヘッドで釣り初めです!

こんにちは、ミラクル谷田です。
寒気が来る前日の2019年1月上旬に初釣りを強行してきました。
 

 

外気温3℃、嵐の前の静けさというヤツなのか??

 

 
この日の風は穏やかで、海は濁りが少し入っています。釣場は湾内のスロープエリア。スロープのブレイク沿いを平行に狙っていきます。
 
ラインはフロロカーボン1.5ポンド。気温が低めなので、初釣りは信頼するアクティブ・GAMヘッド1gを使用し、少し深めを狙います。
 
フルキャストで遠投し、ブレイクの上やブレイクの下を攻めてみましたが、バイトが有ってもフッキングに至りません。更にゆっくりボトムを意識して流してみます。

 


しばらくして、小さなバイトからフッキングをすると、チビガシラが飛んできました。

 

 


 
 
今日は深めのガシラなのかな??と、更に攻め続けると、違和感からのフッキングと同時にドラグが鳴り、グングン、グングン、そして、プンと、ラインブレイク…。

 

ガサガサになったライン。今年一番の手応えを感じましたが、逃してしまいました。

 

 

…。


 
その後は少し深めをイメージした釣りで、フォーリングを混ぜながらメバルを複数ゲット。

 

続いて、シモリのハングオフからのバイトをフッキングしてみると、ドラグがチリチリと鳴る、ちょいとマシなサイズの手応え。
 


今度は慎重にあげて、ゲットしたのは20cm程のガシラ。

 

 

 

 


そして、針を外す時にチョットびっくり!

 

 

 

 

 
先ほどラインブレイクしたリグが口の中にしっかりと掛っていました。どうやらさっきのは根ズレでブレイクしたようですね。

 

口の中についた針を2つとも外してガシラさんには海に帰っていただきました。
 

 

とりあえずリベンジ成功です!

 


この日はボトムの少し上、深めを意識してアプローチすると反応が良くなりました。たまにシャクリからのカーブフォールなんかも有効でした。
 


こんな感じで、初釣りはメバルとガシラに遊んでもらえました。

 

 

 

 
この寒い時期はウエイトの種類が豊富なアクティブ・GAMヘッドでライトゲームを楽しみました♪

 

 



アクティブ・ホームページへ


平日の夜に短時間調査!

こんにちは、ミラクル谷田です。

12月になりとても寒くなってきましたね。風邪をひかないように防寒対策をしっかりして釣りに出かけましょう。
 
さてさて、日本海側は冬模様になってくると、海が荒れて釣りにならないことがよくあります。そんなこんなで、海が荒れる前日の夜、久しぶりに調査に出かけてきました。
 

この夜は風が強かったので、迷わずアクティブ・ZAGヘッド3gを選択。風に負けずにロングキャストで探ることが出来ます。


護岸沿い、根回りなどサクッと調査しましたがバイトがなかなかありません。続いて砂地にシモリが所々ある場所でロングキャスト。
 
時々シモリに引っかかるリグをロッドワークで交わしながら、ハングオフを繰り返していると、突然ロッドティップがひったくられました。
 


そこそこの手応え!

 


根に潜られないようにロッドを立てて魚を浮かせ寄てくると、狙い通り20cm級のそこそこガシラ君でした。

 

 



 

 

さてこれからと思っていましたが、しばらくして雨が降り出したので仕方なく納竿としました。
 
外気温3℃の中、デルタ形状のアクティブ・ZAGヘッドのお陰で、シモリに引っかかることもなく釣りに集中することが出来ました。


 

 
 
アクティブ・ZAGヘッド、これからの季節も大活躍間違いなしです。

 

 



アクティブ・ホームページへ


アクティブ・RSトーナメント兇罵ゾ 

こんにちは、ミラクル谷田です。

台風の影響?で延期になり、10月14日(日)の開催となったNBCチャプター北兵庫・最終戦。

 



 

 

前日プラで400gサイズを仕留めたインターセクション周辺がキーになると感じていました。
 
試合当日は晴れ模様でしたが時折強めの風が吹き荒れ、ボートポジションの維持に気を使う事もしばしば。フライト順はブービーフライトと最悪のスタートとなり、各選手の後姿を見ながらゆっくりとスタート開始。
 
初めは様子見にスピナーベイトで岸際を流しながらメインエリアのインターセクションを目指しましたが、今日の魚はスピナーベイトではないみたいで反応がありません。
 
先行者に断りを入れて、快くインターセクションエリアに入らせていただきました。このエリアではすぐに釣れる様子はなく、回ってきた魚にいかに口を使わせるかがポイント。
 
アクティブ・RSトーナメント1/16ozを使用したダウンショットで中層を意識した釣りで反応を探ります。

 

 

 


そして、このエリアで釣り始めた2投目。

 

 

「何かおかしいなぁ〜?」と感じながら、中層スイミングをしていると魚がリグをくわえてこちらに走っていました。
 


ラインは2ポンド。

 

 
急いで巻き合わせ、バットまでしっかり曲げたところで、ドラグ調整をして魚の引きに耐えます。ボートの下に走る魚の突っ込みにドラグ調整で対応しながら、ゆっくりと上げてきた魚は500gはありそうなナイスサイズ!
 


その後は、気が遠くなるほど長い沈黙が続きます。

 

 
色々と試してみるも反応が無いため、今度はボトムを意識したアプローチで様子を見ます。アクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットをフルキャスト。

 

 


 
 
着底後、湖底を感じながらゆっくりとズル引く感じです。
 

 

すると、ラインテンションを緩めた動作でバイトらしき重みを感じました。この魚もスイープに合わせて、なんとかフッキングに持ち込みます。
 
9mのディープでかけたので、魚の引きに合わせながらゆっくりと上げて姿を見せたのは、400gはありそうなナイスサイズ。
 


この魚を難なくネットインし2本目ゲット。

 

 
ディープで釣った魚なので、アクティブ・エア抜き針でエアを抜いてからライブウェルへ。

 

 

 

 

その後が続かないため別の展開を模索して中流域に移動しましたが、追加することなくタイムアップ。
 


結果は、2本・950g。


 

 

 

 

なんと、優勝することが出来ました。

 

 

 

 


この試合も厳しい状況の中、リザーバーには欠かせないアクティブ・RSトーナメントが大活躍してくれましたよ。
 
そして年間順位は、2位といつもの定位置?に落ち着きました。

 


 

 

来年は年間チャンピオンを獲れるように頑張りたいと思います!

 

 



アクティブ・ホームページへ


チャプター北兵庫・第5戦でレベルアップ!

こんにちは、ミラクル谷田です。

兵庫県・生野銀山湖で開催されたNBCチャプター北兵庫・第5戦に参戦してきました。

 

雨模様の前プラから入り、7mのディープで釣れれば400gのナイスサイズ。

 


 

 

しかも簡単に口を使う。と、中々良い手応えで試合に臨みました。
 
 
【 平成30年9月9日(日)雨のち豪雨 】
 
朝から雨模様で始まった試合。フライトは真ん中あたりでしたが、とりあえず前日に反応の良かったインターセクションを目指します。
 
難なく目当てのラインに入り、予定していた7mのディープエリアで釣り開始。アクティブ・RSトーナメント1/16ozのダウンショットで丁寧に探りますが、反応が悪く、全くバイトがありません。

 


 
 

自分の釣りを信じて、ひたすらディープを探りましたが、このエリアからバイトを得ることはできませんでした。
 

 

降り続いている雨の影響で、魚の付き場が変わった??

 

 
時々、巻物も試しましたが、前日同様無反応。気になるエリアを回るもバイトが無い時間が続きます。

 

選手が多くなり、入りたい場所がなくなったので、移動を決意。ふと気になる岩盤エリアに吸い込まれるように入り、アクティブ・MSトーナメント1/11ozを挿したベイトネコを投じた2投目!

 

重たくなるようなバイトを感じてフッキングするとジワジワとロッドを絞り込み、一気に沖に向かって走り出しました。

 

慌ててクラッチを切り、魚の突進に耐えます。なかなか止まらない魚を操船で追従しながら耐え続けます。落ち着きながらゆっくりと寄せてくると、今度は岸に向かって走り出しました。

 


ヤバい!!

 

 
水中に立木があるのを知っていたため、ロッドを立てて魚を強引に浮かせます。すると、大きな巨体が水面を割って飛び出してきました。

 

 

デカイ!!

 

 

回りの選手から「ごっついな〜!!」の声が。潜られないように何とか寄せてきましたが、モンスターはなかなか観念しません。再び掛けたエリアに舞い戻ってきた魚影を見ると、真っ黒な背中に真っ白な腹。
 


マジでデカイぞ! モンスター60か???

 

 
すると、浮きゴミにラインが絡まったのを嫌がり、首を振るバス。
 


そ、そして、な、なんと、フックオフ (T-T*)

 

 

…。

 

 

 

…マジか、、、。

 

 


テンションが無くなったラインを回収してみると、フックが伸ばされてました。その後このエリアで少し様子を見ましたが、バイトを得ることはありませんでした。
 


「 今日は持ってないなぁ〜〜〜。」と思いながら場所移動。移動途中に魚のボイルを発見し、そのエリアで色々と試してみるもボイルの魚は直ぐにルアーを見切ってしまいます。

 

ここからは小移動を繰り返しながら、海釣りのイメージでダウンショットを中層スイミングさせてみることに。
 

 

すると、今までの遠いかったバイトが嘘のように連続バイト!

 

 
初めの魚は600g!

 

 

続いて500g!

 

 

ラインブレイクやバラシなどを繰り返したけど、何とか絞り出した300g!
 

 

あれよ、あれよという間にリミットメイク達成!
 

 

そして楽しい時間はすぐに過ぎるもので、気が付くと帰着時間。この日は7バイト・3フィッシュと悔しい結果でしたが、

 

 


 

 


3本・1,404g。何とか3位入賞です。

 

 


 

 
そして何より苦手だった中層の釣りも何となく感覚がつかめるようになりました。バラシた魚の悔しさはありますが、苦手な釣りのステップアップが出来たので良しとします。
 
魚を連れてきてくれたアクティブ・RSトーナメントに感謝です。

 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター北兵庫・第3戦で悔しい準優勝!

こんにちは、ミラクル谷田です。

NBCチャプター北兵庫・第3戦に参戦してきました。

 

前プラに入り、湖を1周して状況を見て回りました。

 

湖の状況はネストも終盤で小さな見えバスをセコセコ狙うよりもアフター回復の魚を狙う方が良い感じで、アクティブ・RSトーナメントのダウンショットでキロアップが簡単に口を使ってくれました。

 

 

 

 

前プラではアクティブ・RSトーナメントの良い感覚で終えました。

 

 

【 平成30年6月10日(日)曇り後晴れ 】

 

試合当日は、早朝に雨が降った影響なのか水温が1℃ほど下がっていました。フライトが始まり黒川筋に差してくるアフターのメスを狙いに最上流を目指します。

 

そしてインターセクションに差し掛かった時、少し白濁りが入っているのに気が付きます。ダムサイトからの風も吹いていて、「もしかして???」っと、吸い込まれるように出会橋対岸のガレ場に進路変更。

 

スピナーベイトで岸際にアプローチをした2投目です。着水後のリトリーブで水面直下にギラメキが、そしてヒッタクルようなバイト!

 

サイズこそ大きくはありませんが、銀山湖にしてはナイスキーパーの280gを幸先よくブチ抜くことに成功しました。

 

その後もこのラインを丁寧に探りましたが、アクティブ・RSトーナメント1/11ozのダウンショットでバイトを感じただけで、このエリアからバスが出てくることはありませんでした。

 

続いてメインエリアと考えていた黒川最上流に向かいます。前日とはバスの着き場が違い、シャローではなく少し沖目にサスペンドしていました。確認できるバスはキロアップ3本。

 

白濁りが入っているため、サイトは難しい状況でしたがアクティブ・RSトーナメントのダウンショットでアプローチをしてみると、興味を示して猛突進してくるものの、最後の食わせが上手くいかず、中々口を使ってくれません。

 

色々と試しましたが、悔しいことにこのエリアでは最後まで口を使わせることが出来ませんでした。釣りをしながら何とか考えて導き出した答えは、朝イチのスピナーベイト。

 

程よい濁りと風のあるエリアを探しながら下りました。そして行きついた場所はインターセクション周辺。丁度良い風が吹いていて、濁りも程よく入っています。

 

岩盤エリアでスピナーベイトをキャストしながら下っていると、ピックアップ直前に進行方向とは逆側から出てきたバスが、ボート際30cmのところで口を使ってくれました。

 

 

結構焦りましたが、この魚を何とかネットイン!

 

800gはありそうなナイスフィッシュです。

 

 

2匹の魚のバイトの出方からスピナーベイトに確信したので、その後もスピナーベイトで探っていると、キャスト後の軽いバックラッシュを治すためにラインを出したので、ラインスラッグを回収してみると、スピナーベイトの重さにしては何だか少し重たいような????

 

魚の位置が分らないまま半信半疑で巻いていると、ジャンプ一発さようなら〜(T_T) 900gはありそうな魚をバラシてしまいました。

 

 

狙いはあっていたんですが、残念。その後は何も起こらず試合終了。

 

 

 

 

 

 

2本・1,085gで準優勝と悔いが残る試合となりました。

 

 

 

 

 

 

この試合は前プラの良い感触を引きずることなく、今を釣ることを考えた結果。その時に自分の釣れる魚がどこにいるのか?を探していくことが出来たため、魚を引き出すことに成功しました。

 

難しいことですが、今を釣ることを考えて試合に挑めるようになりたいですね。

 

 



アクティブ・ホームページへ


近くの港で楽しく釣りをしよう!

皆さんこんばんは、ミラクル谷田です。

 

釣りに行きたくてウズウズしていませんか?

 

そんな時はぜひアクティブ製品を持って海に出かけてみましょう。何か良いことが起こるかも?私は子供達と近くの港へ夜釣りに出かけてきました。

 

この日は中潮でちょうど下げ止まりのタイミング。状況としてはイマイチよくない時間帯でしたが、チャレンジしてきました。

 

手始めに定番のアクティブ・ZAGヘッド3gをボトム付近でスイミングさせて狙ってみます。

 

 

すると、幸先よく1投目でバイト!!

 

 

スイミング中に少し根掛かりしたかなぁ?」というタイミングで、「コン」というバイトの後に、大きくしなるロッド。ドラグがジリジリと出ていき、そのまま動かなくなりました。

 

 

潜られた!

 

 

しばらく待ちましたが、その魚は出てくることなくそのままラインブレイク。

 

 

…。

 

 

何のサカナだったのか?

 

 

気になりながら釣りを続行。この日の潮では、重めの3gだと根に当りすぎるため、3g→2gに変更。2gもあれば飛距離も十分。そしてハングオフですぐに外せて、根掛かりも無く快適にアプローチ♪♪

 

こんな感じでリズム良く釣りをしていると早速ガシラさんが遊んでくれました。

 

 

 

 

続いて、初投のラインブレイクを忘れたころに、またまた、「コン!」とバイト。これも、根掛かりをハングオフした直後のバイトでした。

 

フッキングした直後に、デカいとわかるそれは立てたロッドをバットからブチ曲げ、ドラグをジリジリと出していき、再び根に…。

 

 

「あれまぁ〜〜〜。」

 

 

同じことをまた繰り返すのか???

 

 

しばらくラインを緩めたり張ったりして、根に潜った魚を引っ張り出そうと頑張っていると、な、なんと出てきました!

 

 

急いでロッドを立て、出ていくドラグスプールを指で押さえながらラインが出るのを調整して、何とか顔を拝むことが出来ました。車に積んでいたネットを急遽取り出し、何とかネットイン!

 

 

上がってきたのは、35cmクラスのアカミズ(アコウ)。

 

 

 

 

 

 

高級食材ゲットです!!

 

 

 

 

 

その後はアクティブ・ZAGヘッド2gを使い、ガシラを追加。子供達もガシラと遊んでもらい、お約束の巻き過ぎが事件あったりと楽しいひと時を過ごせました。

 

 

 

 

根掛かりした時に、細軸フックでは何回もひん曲がって返ってくることがありましたが、今回は大物のヒキにもビクともしないアクティブ・ZAGヘッドの小さい太軸フックのお陰で潜られた魚を無事に仕留める事が出来ました。

 

不意の大物への備えに、アクティブ・ZAGヘッド、皆さんにお勧めします!

 

 



アクティブ・ホームページへ


JB生野銀山湖・第2戦でロクマル!

皆さん楽しい釣りしていますか?

最近は子供とのガシラ釣りが楽しくてしょうがないミラクル谷田です。

 

さて、JB生野銀山湖・第2戦に参戦してきました。この時期に行われる試合はサイト合戦の真っただ中。

 

フライト順で順位も決まってしまうんじゃないか?という印象が強いものですが、今回はどうもそうではなかったようです。

 

まずは前プラで湖を1周して、バスの居場所を確認します。そのついでにアフターのメスが着きそうな場所、または着いている場所を記憶していきます。

 

私のプランはとりあえずサイト。そして黒川上流に差してくるであろうアフターの魚をサイトで仕留める、願わくばデカいメス。そんでもって、神出鬼没のデカバスを見つけたら仕留めて見せる。

 

こんな感じで試合当日を迎えました。

 

 

【 5月20日(日)晴れ/強めの風 】

 

フライト順は割と恵まれた方でしたが、向かった先はどの場所も留守中。予定していた見えバスを仕留めることなく、黒川上流に行くことになりました。

 

道中、見えバスを探しながら向かっていると、誰も触っていないであろう魚を見つけることができました。

 

早速、アクティブ・RSトーナメントシンカー1/11ozのダウンショットで狙いますが、風の影響で魚がどこにいるのかよくわかりません。

 

 

 

 

 

 

しかし根気よく狙っていると、ようやく口を使ってくれました。

 

キーパーサイズのこの魚を難なく抜きあげて、まずは1本。小さくてもキーパーが入れば心に余裕が出来ます。

 

 

そのまま、黒川上流域へゆっくりボートを進めてオーバーハングの中に居るであろうデカバスにブラインドでアプローチを続けていきます。

 

表層波動系でバスをおびき寄せるのですが、カバーの奥までアプローチできるよう、ワームにはアクティブ・MSトーナメント1/64ozを忍び込ませてあります。

 

 

 

 

 

 

多くの選手が狭いエリアでひしめく合う中、魚からの反応が無い時間が過ぎていきます。

 

丁寧に、慎重に、カバーを何度も何度も打ち続けていると、ついにその時はやってきました。

 

 

何回もアプローチしたオーバーハングの中から、湖の主ではないか?といえるほどの巨体(推定ロクマル)がルアーにチェイスして来ました。

 

しかし、自分がよそ見をしていたため、このチェイスはミスバイトに終わり、大きな波紋だけがルアーを翻弄します。

 

 

 

「うぅぅ、、、せっかくのチャンスが…。。。」

 

 

 

自分のミスでチャンスを逃した悔しさで気が遠くなりそうになりましたが、大きな巨体はカバーの中に居るのがハッキリ見えます。

 

焦る気持ちを抑えて、慎重にスキッピングでカバーの最奥までアプローチ。波紋を出しながら表層をゆっくり引き、弱った魚を演出します。

 

 

「喰ってくれ!」と言わんばかりのそれを、アフターの巨体は我慢できなかったようです。

 

 

巨体の顔がグルンと向きを変え、ルアーに狙いを定めました。「喰え!喰え!」と心の中で唱えながら、気持ちを落ち着かせその時を待ちます。

 

 

そして…。

 

 

 

 

ボッフゥッ!!

 

 

 

 

目の前の光景に一瞬戸惑いましたが、リグが口の中に入ったのを確認して、スイープにフッキング!

 

 

もがく巨体に、大きくしなるロッド!

 

 

ラインは3ポンド!

 

 

針が貫通した頃にドラグを緩め、巨体の絞り込みに耐えます。今度はカバーの中に入ろうとしてレイダウンにラインが絡みそうになりましたが、ロッドを水中に突っ込み何とかかわします。

 

 

流石にこのサイズは一筋縄ではいきません。

 

 

幾度の絞り込み、ジャンプをかわし、ようやくネット際まで寄せても再び遠ざかる巨体を見ながら、「絶対に逃がさん!」と、心の中で強く念じていました。

 

 

ゆっくり時間をかけ、巨体が観念した頃、無事ネットイン!

 

 

 

「おっしゃーーーー!!」

 

 

 

緊張の糸が、安堵に包まれる瞬間です。

 

 

大きな口には合わない小さな針!

 

 

 

 

 

 

この魚をライブウェルに入れますが、巨体過ぎて尾が曲がり収まっていません。

 

飲み物を飲んで、震える手足を落ち着かせ、次の魚を求めましたが40UPを一度見ただけで、他に見せ場もないまま試合終了となりました。

 

 

 

 

 

 

2,800g(60.2cm)+180g(25.3cm)=2,980g

 

 

本来なら十分優勝できるウエイトでしたが、自分のミスで1kgのペナルティを受けたため、2本・1,984gの準優勝となってしまいました。

 

 

 

 

 

 

この試合は、アクティブ・MSトーナメントを使い、カバーの奥までリグをアプローチできたことがデカバスを仕留める事に繋がりました。

 

 

トーナメントでデカバスを仕留める快感は、やっぱりたまりませんね。

 

 

ここ一番で活躍してくれるアクティブ製品、皆さんにもお勧めしますよ。何といっても、試合でロクマルを仕留める事が出来るんですからね!

 

 



アクティブ・ホームページへ


アクティブ・ZAGヘッドは凄いんです!

こんにちはミラクル谷田です。

5月上旬の夜に娘達と夜のガシラ釣りに出かけてきました。

 

この日は少し風がありましたが、比較的穏やかな夜。

 

娘達といつもの場所に向かいましたが、先行者が居るため仕方なく少し手前で釣りをすることにします。

 

子供との釣行のため、足場が良い場所を選び釣りを開始しました。

 

 

手始めにアクティブ・ZAGヘッド3gでボトム付近をスイミングでトレースしていると、幸先よく20cm近いガシラが遊んでくれました。

 

 

 

 

 

 

その後も順調にガシラを釣り続け、長女のファーストフィッシュ??はナマコ??

 

 

 

 

 

 

続いて、シモリに絡んだ直後に大きなバイト!

 

ドラグをジリジリと出して上がってきたのは、25cmオーバーの黒ソイ!

 

 

 

 

 

 

デルタ形状のヘッドのお陰か、アクティブ・ZAGヘッドは根掛かりしてもハングオフで外すことが出来ます。

 

お陰でこの日はロスト無しでした。

 

 

さてさて、1人だけ釣れていなかった次女でしたが、ティップを見ていると生命反応が出たため、巻くように指示。

 

無我夢中で巻き上げた魚は、手前の根に潜ろうと抵抗しましたが、20cmオーバーの黒ソイ。

 

 

 

 

 

 

ファーストフィッシュがこのサイズの黒ソイだと、さぞかし引いたことでしょうね。その後もガシラをいくつか釣って、子供たちの身体も冷えたので納竿としました。

 

子供との釣行の際は危険が伴うため、足場のいい場所を選ぶのはもちろんのことですが、しっかりライフジャケットの着用をしましょう!

 

ただ着せるだけでなく、落水してもライフジャケットから人が落ちないように(沈まないように)股下のベルトをきちんと通して着用するようにしましょう。

 

浮力の高いライフジャケットだけが水面に浮き、体力が無くなれば人間は沈んでしまいますからね。皆さん安全で楽しい釣りをしましょうね。

 

 



アクティブ・ホームページへ


JB生野銀山湖・第1戦で他とは違う釣り!

こんにちは、ミラクル谷田です。

2018年プロ戦での初戦となるこの試合は、いつもよりも早いサイト合戦となりました。

 

前プラではもちろん湖を1周して魚の居る場所を確認しましたが、数が少なく、自分に回ってきそうな感じがしなかったので、試合では多くの選手がメインにしているサイトできる魚ではなく、それ以外の魚を釣ることに専念しました。

 

 

【 5月29日(日)小雨のち晴れ/強めの風 】

 

フライトが始まり、各選手が自分の思い思いの場所を目指してバウを向けます。私が目指すのは法道谷ワンドにあるガレ場のシャローにベイトを求めて差してくる魚を仕留める作戦です。

 

キーパーカツカツサイズですが、今の釣りではこれが精いっぱいの選択でした。

 

ポイントに着いてすぐに他の選手もこのエリアに来て、二人でエリアをシェアすることになりました。朝イチはバスの姿がちらほら見えましたが、プレッシャーの影響か前日よりも魚影が少なくなっています。

 

沈黙が続く中、水深30cmもないカバーの中からバスが出てくるのを確認したため、アクティブ・MSトーナメント1/32ozを入れたスモラバでカバー打ちを開始。

 

 

 

 

 

カバーのアウト側で誘いをかけていると、、、

 

 

コン!

 

 

と小さなバイトが!

 

 

ギル??

 

 

と、思いながらフッキングし、カバーから飛んで出てきたのは細身のバス!

 

 

有無を言わさず抜きあげた魚は、まさかのキーパーサイズ!貴重なキーパーを仕留める事が出来ました。

 

 

その後もあれこれ試してみましたが、シャローに差してくる魚が確認できなくなったため、思考を変えてシャローではなく一段下がったところを意識してアプローチ。

 

今度はアクティブ・RSトーナメント1/16ozのダウンショットで少し深めの魚を狙います。

 

 

 

 

レイダウンの陰に投じたダウンショットをズル引きでゆっくりとアプローチしていると、何の前触れもなく突然ティップがひったくられました。

 

「これはギルだろう」と、半信半疑で上げてみると小さなバス。ノンキーかと思っていたが逃がす前にスケールにあててみると、まさかまさかのオンライン!

 

 

何とか2本目を仕留める事が出来ました。

 

 

その後しばらく粘るもバスからの反応も無くなったため、少ない残り時間で出会い系サイトの旅に出ましたが、何に出会うこともなく試合終了。

 

 

2本・324gで9位、と入賞することが出来ました。

 

 

 

 

そして、ちゃっかりバスプロ選手権の切符も手に入れることができました。

 

 

この試合でもアクティブ製品が大活躍。スモラバはアクティブMSトーナメントを入れる事で、キャストがしやすくなるうえ、重量が増えてカバーを抜けやすくなります。

 

ダウンショットリグでは棒状のアクティブ・RSトーナメントを使用することで、ガレ場にある沈みものを攻めても根掛かりが極端に少なくなります。

 

頼りになるアクティブ製品を使って今年もトーナメントを乗り切りますよ。

 

 



アクティブ・ホームページへ


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode