アクティブCUPで2年連続優勝!

こんにちは!生島です。

先日、NBCチャプター布目・第3戦「アクティブCUP」に参加してきました。

 

 

季節はアーリーサマー。

 

 

前日プラでは、アフター回復系を中心に狙っているとキロアップの魚がポロポロと釣れる状況。

 

 

 

 

バイト数こそ少ないが、場所さえ間違わなければ3kgは釣れるだろうとプラを終えようとしたが、とある場所も気になっていたので岸際を確認するとまだバスがいた。

 

日々、減水しているので誰もが気づくであろう場所にあった約1,500gの魚を見守りながらプラを終えました。

 

 

そして、むかえた大会当日。今回はアクティブCUP。チームアクティブ・谷口様の挨拶。

 

 

 

 

気合十分で大会に挑みました。スタートして真っ先に向かったのは、前日に見つけていた下流エリアのとある場所。

 

 

恐る恐る魚を確認すると、、、

 

無事に発見!

 

 

アクティブ・RSトーナメント1/2ozをセットしたヘビーダウンショットでアプローチした2投目に、、、

 

バスの口にワームが入った瞬間を確認すると同時に大きくフッキング!

 

 

何度も強烈に走るファイトの末、ランディングに成功!

 

ランディングネットに入った瞬間、思わず “ ヨッシャーーーーー!!!!! ” と大きな雄たけびをあげてしまいました。

 

 

アクティブ・フィッシュスケール2kgで測ると約1,500gのキッカーフィッシュ!

 

 

後はリミットメイクをするために、前日良かった8mのフラットエリアに移動。アクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットでシューティングすると約850gをキャッチ!

 

魚のサイズは小さくなっていたが魚影を確認できたので、再び魚探と睨めっこしながらシューティングすると約1,000gをキャッチリミットメイクに成功!

 

 

この時点で目標の3kgを達成したのでホッと一息。

 

 

昨年も優勝したアクティブCUP。ここまで来るとやはり優勝を意識し始め、丁寧に探り、約900gの魚をキャッチし、入れ替えにも成功しウェイインへ。

 

 

 

 

 

結果は、ビッグフィッシュ賞の1,520gを含む、3本・3,390g。

 

 

 

 

 

 

昨年に続き、アクティブCUPで優勝と今季2勝目 

 

 

 

 

 

この調子で次戦も頑張りたいと思います!

 

 

シンカー:アクティブ・RSトーナメント1/2oz、1/11oz

シャツ:アクティブ・オリジナルトーナメントシャツ

その他:アクティブ・フィッシュスケール1kg、2kg

 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター布目・第2戦で4位入賞!

こんにちは!生島です。

先日、NBCチャプター布目・第2戦に参加してきました。

 

大会前日の布目ダムはプリ、ポスト、アフターが混在する状況。前日プラでは大型のスポーニング回復系を狙ってベイトが絡む岬を中心にチェック。他にはプリスポーンのメスやオスを確認しプラを終了。

 

 

そして、むかえた大会当日。

 

 

 

 

まず向かったのは、前日に見つけていた支流エリアのとある場所。プラではバスの反応を見るためにアプローチすると割と簡単に口を使ってきたバス。

 

 

アクティブ・RSトーナメント1/2ozをセットしたヘビーダウンショットでアプローチ。

 

 

前日に口を使わせた影響なのか反応が悪い…。丁寧にアプローチしたが、バイトに持ち込めず断念…。リミットメイクを優先して副ダムエリアに移動。

 

回復系のバスを狙い、アクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットで狙うが、全くノーバイト。試合時間も10時を過ぎ、キーパーぎりぎりのバス1匹のみ。焦る気持ちを落ち着かせて戦略を切り替え、ショアライン中心の戦略にシフト。


前日、確認していた場所をアクティブ・RSトーナメント1/2ozをセットしたヘビーダウンショットでアプローチ。そして約1kgのバスをなんとかキャッチ!

 

 

リミットメイクまであと1匹。

 

 

次の場所を攻める。

 

 

その場所から大きく離れ、移動を繰り返すバスでしたがアクティブ・RSトーナメント1/2ozの重さを生かし、リアクションで何とかキャッチ!

 

 

この時点で、約2,200g。

 

 

どうしても一番小さいバスを入れ替えたかったため、中流域のピンスポットをアクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットで狙う。

 

 

試合時間が12時を過ぎ、残り時間もあとわずか…。

 

 

諦めずに探ると重たくなるようなアタリ!

 

 

すると、ロッドが大きくしなり、ドラグも鳴り響いたバスは約1,200gのキッカー!

 

 

なんとか入れ替えに成功し、ウェイインへ! 

 

 

 

 

結果は、3本・3,210g。

 

 

1戦目に続き、4位入賞することが出来ました。

 

 

 

 

5位には、同じチームアクティブのジャイアン和田さん。

 

 

 

 

この調子で今年こそ年間優勝を狙いたいと思います!

 

 

シンカー:アクティブ・RSトーナメント1/2oz、1/11oz

シャツ:アクティブ・オリジナルトーナメントシャツ

その他:アクティブ・フィッシュスケール1kg、2kg

 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター布目・開幕戦で優勝!

こんにちは!生島です。                                                                    
NBCチャプター布目・第1戦に参加してきました。
                                                                    
例年、布目ダムは春の訪れが遅く、4月になってもディープに魚が多く残り、口を使わない為にあまり釣果には恵まれない季節。1匹の魚が大きく鍵を握る重要な開幕戦になる為、気合を入れてプリプラに入りました。

 

今年初めての布目ダムということもあり、全エリアを回り水温をチェックしました。


すると例年に比べて水温が高いかな? 一番水温が高い場所でも13℃もあり、今年は春の訪れが早いのでは?と思える状況でした。気になるカバー周りを探るとキロアップの魚をキャッチ。

 

 

 

 

釣れたバスのコンディションを見ると白い固体で、ディープから上がってきた様子でしたが、浅い場所に移動しだしたことを気付かせてくれる魚でした。


 

…前日プラクティス。

 

プリプラ時の水温と比較しながら全エリアをチェックすると朝から13℃。大きな寒波も無かったのでスポーニングを意識した魚が多いのでは?と思い、シャローを中心にチェックしました。

 

ディープに隣接する岬にミドストでルアーを通すとキロアップのプリスポーンバスをキャッチ!

 


 

 

やはり魚はスポーニングを意識していると思い、次にカバーをチェックしました。するとまたまたプリスポーンバスをキャッチ!

 

絶対、魚はシャローに差し始めてる!

 

と確信し、シャローで勝負と決めてプラクティスを終えました。

 

 

…試合当日。37名の選手で争われました。

 

スタートは真ん中でしたが一番に入りたかったヘラワンドに向かい釣りを開始しました。実績ポイントでもあるので多くの選手が集まり、更に岸には多くの釣り人で攻める場所が無い状況でした。

 

実は、朝一番にヘラワンドに向かったのは戦略から消去する為に周りの状況を確認し、早々に見切りをつけて移動しました。

 

 

本命ポイントは、副ダムエリア。

 

 

下流エリアより水温も高く、プリスポーンが差してくるコンタクトポイントを前日に掴んでいました。ポイントに到着し、アクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットリグで狙いました。

 

 

開始30分、待望のバイト!

 

 

慎重なやり取りで貴重な1匹目をバスをキャッチしました!

 

 

アクティブ・フィッシュスケール1kgで量ると約850g。狙い通りにバスをキャッチ出来たので足が震えました。

 

それから約1時間後、重たくなるようなバイトを感じスイープフッキングを決めると強烈に竿が引き込まれました。が、無事にキッカーフィッシュとなる1,340gのバスをキャッチ!

 

バイトが遠くなったのでシンカーを軽めのアクティブ・RSトーナメント1/16ozに変更して、スタンプにスタックさせながら丁寧に狙うと3匹目となる1,100gのバスをキャッチ!

 

 

なんとリミットメイクに成功しました!

 

 

あまりにも思い通りの展開にしばらく放心状態でしたが、気を取り戻してカバー周りをアクティブ・ダイレクトスティック type Bアクティブ・BSトーナメント10gをセットしたリグで攻めました。                                                                    

 

                                                                    
  

 

                                                                    
直付シンカーリグの進化形。好きなフックやシンカーを自由に選べ、使用できます。また、シンカーが下部に集中するのでマットカバーでは貫通能力がアップします。

 

これも狙いが的中して950gのバスをキャッチし、入れ替えに成功させて帰着しました。

 


今大会の状況は厳しかった様子で、ウェイインしたのは5名。検量の結果、3本・3,400g。

 

 

 

 

複数本バスをキャッチしたのも私だけと驚きの釣果にビックリしました。そしてNBCチャプター布目で3回目の優勝を飾ることが出来ました!  

 

 

                                                              

 

残り4戦 信頼できるアクティブ商品と全力で戦いたいと思います。                                                                    
                                                                    
                                                                    
≪タックルデータ≫                                                                    
シンカー:アクティブ・RSトーナメント1/16oz、1/11oz 
シャツ:アクティブ・オリジナルトーナメントシャツ
その他:アクティブ・フィッシュスケール1kg、2kg

 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター・近畿Bブロックチャンピオンシップで準優勝!

こんにちは!生島です。

先日、NBCチャプター・近畿Bブロックチャンピオンシップに参加してきました。

 

各チャプターで上位の選手と真剣勝負できるのがチャンピオンシップトーナメント。更に、今大会で8位以上の結果を残すと西日本ファイナルの切符を手にすることが出来る大会でもあります。

 

 

今回の会場は、三重県・青蓮寺湖。

 

 

初めてのフィールドでしたのでプリプラクティスではダム全域を魚探掛け中心にまわりました。ダムの状況は水温が20℃近くあり、バックウォーターのシャローには大きな魚影を多く確認できました。

 

 

上位を狙うには必要な魚ですが、簡単に口を使う様子ではありませんでした。

 

 

ベイトが映るディープエリアでは比較的簡単にバイトを得ることが出来、「リミットメイクはディープ、キッカーフィッシュはシャロー」と思いプリプラを終えました。

 

前日プラでは、プリプラで良かったエリアをチェックしました。しかし、プリプラであれだけあったバイトが全く無く、水温が4℃も下がっている状況でした。

 

狙うレンジを大きく下げ、15〜18m付近を探るとバイトが集中し始め、魚のサイズだけ確認してポイントを温存しました。



 

 

そして大会当日。

 


 

 

スタート抽選は運よく早いスタートだったため、向かったのは本命の " ロマンの森・フラットエリア " の15mフラットエリアに入る事が出来ました。

 

このスポットはスタンプなどが所々にあり、それにベイトが回遊するエリア。スタンプの根掛りを回避しやすいアクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットリグで丁寧に探りました。

 

人気エリアだった様子でスタートと同時に船団になりましたが、幸先よく3匹キャッチできました。

 

 

アクティブ・フィッシュスケール1kgで計測すると約500g、200g、200g。

 

 

その後も丁寧に攻めるがバイトが遠くなり、周りの選手も苦戦している様子だったため、リミットメイクを優先しピンスポットをランガンすることにしました。

 

 

次のエリアは沖まで大きく張り出した岬。

 

 

魚が深いポジションに移動している様子だったので18m付近をシューティングで攻めました。1投目、重くなるようなバイトをスイープフッキングすると大きな重みを感じました。

 

ディープの魚とのやり取りは慎重に行わないと気圧の変化で魚に大きなダメージを与えるため、ゆっくりドラグが鳴らしながら巻き上げ、無事にネットイン!

 


アクティブ・フィッシュスケール1kgで計測すると約800gのグッドサイズのキャッチに成功!

 

 

その後も同じスポットで200gの魚をキャッチし、リミットメイクに成功しました。再び " ロマンの森・フラットエリア " に移動し、500gの魚をキャッチし、入れ替えに成功すると魚をケアするために早めにウェイインに向かいました。

 

 

結果は、2,197g。

 

 

準優勝3年連続チャンピオンシップのお立ち台となり、結果を残す事が出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

チームアクティブの別所さんも7位入賞。

 

 

 

 

 

 

昨年に続き、2年連続で西日本ファイナルの切符を手に入れることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

NBCチャプター・西日本ファイナルの舞台は、徳島県・旧吉野川。

 

 

 

頑張ってきます!

 

 

 

シンカー:アクティブ・RSトーナメント 1/16oz、1/11oz
シャツ:アクティブ・オリジナルトーナメントシャツ
その他:アクティブ・フィッシュスケール 500g、1kg

 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター布目・第3戦で優勝!

こんにちは!生島です。先日、NBCチャプター布目・第3戦に参加してきました。

 

季節はアーリーサマー。前日プラでは水通しの良いボディウォーターを中心に全域をチェックしました。すると3〜5mレンジでバイトが集中している事に気づき、さらに下流の気になるエリアをチェックしました。

 

 

予想は的中!

 

 

長年通っている布目ダムで自身初の50UP。52cmのビッグバスをキャッチしました!

 

 

 

 

そして大会当日。今回は「アクティブCUP」でもあり、朝の挨拶。

 

 

 

 

気合十分で大会に挑みました。

 

 

スタートして向かったのは、前日ビッグバスをキャッチした下流フラットエリア。3mのフラットから9mまで落ちる本命ポイントに入る事が出来ました。

 

このスポットはロックとスタンプが複合するため、根掛りを回避しやすいアクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットリグで丁寧に探りました。

 

 

開始30分程経過した時、“ グッ ” と重たくなるバイト。

 

 

スイープ気味にフッキングするとロッドが大きく弓なりに曲がりました。リールを何度も何度も巻き上げるもドラグが鳴り響き全く魚は寄って来ない。長いファイトの末、水面に見せた魚体は真っ黒なバス!

 

ランディングネットに入った瞬間、思わず “ ヨッシャー ” と大きな雄たけびをあげてしまいました。アクティブ・フィッシュスケール2kgで計測すると約1,900gのキッカーをキャッチに成功しました。

 

その後、徐々に周りでも魚がキャッチする様子が見られたが、バイトが遠くなったため、シンカーをアクティブ・RSトーナメント1/16ozに変え、より丁寧に探りました。

 

 

 

 

すると約700g、約400gと立て続けにキャッチし、リミットメイクに成功!

 

 

今回は “ どうしても勝ちたい ” と強い気持ちがあったため、バイトが遠のいたタイミングで9mのピンスポットをアクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットリグでシューティングして約900gをキャッチし、入れ替えに成功。そして魚をケアするために早めにウェイインしました。

 

 

結果は、50cm・1,860gのキッカーを含む、3本・3,520g!

 

 

 

 

 

私のスポンサーである、「アクティブCUP」で優勝!と最高の結果で終える事が出来ました。

 

 

 

 

 

この調子で最終戦も頑張りたいと思います。

 

 

 

 

シンカー:アクティブ・RSトーナメント1/16oz、1/11oz                                        
シャツ:アクティブ・オリジナルトーナメントシャツ                                        
その他:アクティブ・フィッシュスケール500g、1kg、2kg

 

 



アクティブ・ホームページへ


NBC近畿Cブロック・チャンピオンシップで準優勝!

こんにちは!生島です。
先日、NBC近畿Cブロック・チャンピオンシップに参戦してきました。

昨年、兵庫県・東条湖で開催された近畿Cブロックチャンピオンシップで優勝したため、今年は、クオリファイ選手として参加しました。

過去の近畿ブロック大会においても2年連続優勝を成し遂げた選手は未だ居らず 、今回は、自分だけに与えられたチャンスだったので、気合を入れて前週よりプリプラに入りました。

今年の兵庫県・生野銀山湖の状況は、1年を通して満水状態。2年ぶりの生野銀山湖だったので、実績ポイントを中心にチェックしました。結果、魚をキャッチできたのはインターセクションでの1匹のみ。





前評判通り、厳しい状況でした。



そして、前日プラ。
前週に行われたJB戦では20匹
がウェイイン。半分以上の方がノーフィッシュと厳しい状況は依然変わらず、更にプレッシャーが高まった状況。

上流のサイト、岩盤、立木と実績ポイントをチェックするが、やはりバスをキャッチ出来たのはインターセクションのみで、ココを勝負場としてプラを終えました。



そして、大会当日。
56名の強者と真剣勝負
できる緊張感の朝。今回狙うインターセクションは人気スポットのため、どうしても早いスタートが欲しかったが、フライトは後ろから2番目と最悪…。

スタートの合図と同時に一気に上流へとバウを向け、走らせました。一番に入りたかったスポットは先行者が居ており、仕方なく2番目のスポットに入りました。

15mのハードボトムに絡む立ち木に付くバスを、アクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットリグで狙いました。


しかし、全くのノーバイト…。                                                        


静まり返ったインターセクションでしたが、徐々に周りの選手達がバスをキャッチし雄叫びを上げていく。GPSでマークした水中の立ち木を、手を変え品を変え狙うが全くアタリがありませんでした。

インターセクションを諦め、下流に下ると谷口選手が既に2匹キープしているとの噂が…。嬉しさと驚きの反面、負けたと一気にテンションダウン…。

さらに集中力を無くさせる強風が吹き荒れる中、僅かな望みにアクティブ・BSトーナメント3.5g+アクティブ・フロートリグスイベルSSSをセットしたキャロライナリグで丁寧にボトムを探りました。


終了30分前、”コンッ” と明確なバイトが手元に伝わり、大きくスイープフッキング! 


お、、、重たい!!


バスならばキッカーサイズだろうが、全然引かない!


半信半疑でリールを巻き上げると見えてきた魚はナイスフィッシュで、水面近くまで上がってきたバスは何度も強引に潜ろうとましたが、無事ランディングに成功!

アクティブ・フィッシュスケール1kgで測ると約500g。 アクティブ・エア抜き針ロングをバスの口奥に刺して、無事エア抜き成功し、ライブウェルへ。                                                        
                                                        
一気に上位入賞の可能性と後1匹で優勝の可能性もあるのでは?と喜んだ矢先、目の前で谷口選手が3匹目であろうバスをキャッチする光景を見せつけられる。


…。

                        
余裕で帰着に向かう谷口選手を尻目に、残り時間もあとわずかでしたが最後まで諦めずにボトムを探ると、ラストキャストでなんとキーパーをキャッチすることに成功!急いでエアーを抜き、帰着に向かいました。





結果は、2本・780g。2年連続優勝の夢は叶いませんでしたが、納得の準優勝!

優勝は、チームアクティブの谷口選手。 流石の一言です。






今大会は、ミックスマッチ戦も同時開催されており、

ワンツーフィニッシュの結果、優勝!





1つの大会で、2枚の楯をゲットできました。これで自身3度目のNBCチャプターチャンピオンシップ・西日本決勝大会の権利を獲ることが出来ました。


場所は、山口県・弥栄ダム。


初めてのフィールドですが、頑張って結果を残したいと思います。

 

NBCチャプター布目・第3戦で4位入賞!

こんにちは!生島です。
先日、NBCチャプター布目・第3戦に参戦してきました。

プリプラでは、アーリーサマーパターンを意識し、アフターの回復系500〜1kgまでを釣るパターンを掴み、手ごたえを感じていた。

しかし前日プラで再度パターンを確認すると、全く釣れない…。これもトーナメントではよくある話で、再度キーパー場から探すことにしてダムを1周チェックしました。


、、、釣れない…。


モーニングバイトを逃せば3本すら揃わないのでは?と思わすほどバイトが少なく、サイズも小さかった。

正午を過ぎ、気温・水温もピークの中、偶然見つけたピンスポット。他の場所では考えられないバイト、サイズの魚を供給するスポットを発見!

早めに切り上げ、プラを終えました。



そして大会当日。

昨晩から降り続いた豪雨が副ダムエリアを濁らせていることに気付き、一気にテンションダウン…。なぜなら、前日見つけていたピンスポットは副ダムエリアにあったからだ。

スタート抽選は2番。ボートを一気に走らせ、目的のポイントに一番に入ることに成功した。予想通り副ダムからは濁流が入り、浮遊物と濁りでうまくポイントにキャストすら出来ない状況。

アクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットリグをキャスト。





1投目からバイト。サイズは小さいが幸先よくキーパーをキャッチ!

そして、2投目。またしてもキーパーをキャッチ。魚は居てるが昨日より明らかにサイズが小さい。そして、3投目。またしてもキーパーをキャッチし、リミットメイクにあっさりと成功!

しかし、サイズが小さい。アクティブ・フィッシュスケールで量ると3本で約1,400g。





その後もバイトは続き、1時間程で約10匹をキャッチしたが見事な位の同じようなサイズばかり。こんな状況の時は、アクティブ・どっちどっち(入替用天秤)が大活躍。





数グラム単位の入れ替えを簡単に行うことのできる、優れたアイテムだ。

ウエイトも約1,700gまで伸びたAM10時ごろ。周囲の状況は、あまり釣れていないとの情報がチラホラと飛び交いだした。しかし、このスポットだけはバイト数は減ったもののコンスタントに魚をキャッチできた。

水温・気温が上昇したタイミングで、アクティブ・RSトーナメントのウエイトを1/16ozに変更し、スローに攻め、今回のキッカーフィッシュ、約750gを無事キャッチ!





今回は、このワンスポットに助けられた大会となった。


結果は3本・2,030g


4位の成績でお立ち台に立つことが出来ました。






次戦はアクティブCUP。気合を入れて頑張りたいと思います。


シンカー:アクティブ・RSトーナメント 1/16oz、1/11oz
シャツ:アクティブ・オリジナルトーナメントシャツ
その他:アクティブ・フィッシュスケール 500、1kg、2kg、どっちどっち(入替用天秤)

 

布目チャプター・第1戦で5位入賞!

こんにちは、生島です。
4月26日(日)に開催されたチャプター布目・第1戦に参戦してきました。

4月中旬の布目ダムは魚を釣るのもまだまだ厳しく、冬のパターンを引きずった魚が多いのが特徴だが、今年は天候にも恵まれ、プリプラクティスでは数多くのプリスポーンバスをキャッチしていた。





前日プラでも、スポーニングエリアにあるカバー周りを攻めるとプリスポーンバスをキャッチすることが出来たが、バイトは少ない。

沖の深いラインではライトリグで丁寧に攻めるとバイトが集中。サイズも良く、600〜1kgとリミットメイクするのさえ簡単では?と思わせる状況だった。

しかし誤算はプラクティス終了間際、ネストがないかと探すと例年のこの時期にはあまり見ないネストがちらほらと見える。

焦る気持ちを落ち着かせながらプラを終えた。


そして大会当日。


スタート順も早かったため、手堅く沖の魚でリミットメイクを試み、残り時間をシャローカバーでキッカー狙いと戦略を立てた。

まず向かった先は、ヘラワンド。アクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットリグで沖にある7mのピンスポットを攻める。

しかし、前日にあれだけあったバイトが全く無い…。魚がシャローに動いたのでは?と思い、シャローを攻める他のアングラーに目をやると次々と魚をキャッチしている状況を目の当たりにする。

前日の状況から中々ディープを捨てることができず、釣れればデカいと信じ、さらに丁寧に攻めると待望のバイト!

慎重なやり取りでランディングした魚は、昨日とは違った約350gのバスだった。

その後も、しばらくディープを攻めるもバイトが全く無い…。ようやく10時頃にディープを諦め、シャローにシフトチェンジすることにした。

手にしたルアーは、アクティブ・ダイレクトスティック type BアクティブBS・トーナメント12gを使った直リグ。

昨年よりカバーを釣る時に多様しているリグだが、キャストした際に先にシンカーが進行方向に向かい、リグが直線的になるため、カバーの奥にルアーを送り込む事が簡単にできるリグだ。
            
ネストが出来そうなシャローに有る浮ゴミを攻めるとすぐに約850gをキャッチ! やはり魚はシャローに居る! と確信し、更に細かくカバーを攻めると約600gキャッチ!


リミットメイクに成功!


今大会では2kgを釣ればお立ち台が見えると思っていたので、一番小さい魚を入れ替えるために残り時間をシャローで費やした。

12時頃に約600gの魚をキャッチし、入れ替え成功! その後も釣れ続いたが、入れ替えのできる魚はキャッチすることが出来なかった。





結果は、3本・1,980g。





5位入賞と好成績を収めることが出来た。





アクティブ・プロスタッフの谷口さんは3位入賞!





今回はアクティブ・ダイレクトスティック type Bを使った直リグでの結果だったため、非常に嬉しかった。

皆様もカバー攻略の際には是非お試しください!!


≪使用したアクティブ製品≫
シンカー:RSトーナメント1/11oz、BSトーナメント12g                                            
コンビニアイテム:ダイレクトスティック type B、平打スプリットリング #1
その他:フィッシュスケール 1kg、500g、オリジナルトーナメントシャツ

 

近畿Cブロックチャンピオンシップ、優勝!

こんにちは、生島です。
今年はチャプター池原とチャプター布目に絞って戦った結果、チャプター池原は年間5位、チャプター布目は年間8位で終え、無事に近畿ブロックチャンピオンシップの権利を獲得することが出来ました。

近畿ブロックチャンピオンシップの会場はチャプター池原の権利では近畿Bブロックの三瀬谷ダム、チャプター布目では近畿Cブロックの東条湖三瀬谷ダムは未経験のレイクだったため、少しだけど経験のある東条湖を選択し、大会に挑みました。

前日プラクティスでは、台風18号の影響も受けて白波が立つ程の強風でしたが、魚探掛けを中心に何とか東条湖全域を回りました。


結果、戦略は2つ


1つは上流のサイトパターン、もう1つは本湖のベイトに絡むディープパターン。しかし、10月5日(日)は台風の影響で敢え無く中止。翌週に持ち越されました。

そして大会当日。前日プラには入らず大会に挑みました。周りではサイト勝負と意気込んでいる選手も多くて不穏な空気でしたが、確実にキーパーを揃えようと本湖のディープパターンで勝負することにしました。


フライト抽選は、最終フライト。


全選手の動きを観察しながらのスタート。上流に向かう選手が多く、無事に本命ポイントに入る事が出来ました。


狙ったのはサーフィンワンド。この時期の定番ポイント。


前週に見つけていた16mのハードボトムに絡むベイトに付くバスを、アクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットリグで狙いました。高感度タングステンのアクティブ・RSトーナメントを使うと、ハードボトムが手に取るように伝わってきます。

その2投目、重たくなるバイト。スイープ気味に合わせるがバスの反応は無かったので、追い食いさせようとそのまま放置。すると、またしても重たくなるバイトがロッドに伝った。もう一度、スイープ気味に合わせると魚の重みを感じ、慎重に魚を寄せると無事にナイスキーパーをキャッチ!


アクティブ・フィッシュスケール1kgで測ると約700g


アクティブ・エア抜き針ロングを使い、バスの口奥に刺して、エア抜き成功。この時期のディープの魚は非常に弱く、早くリーリングしてしまうと急激な水圧の変化に耐えられず、すぐ弱ってしまうのでゆっくり上げる事が重要になります。

思った以上のナイスキーパーを早い段階でキャッチでき、ホッと一息。更に、魚探の映像を見ながらシューティングで狙うがアタリも出ない。すると、周りで魚をキャッチする選手も出てきて少しアセリ始めた瞬間、またしても重たくなるバイト

1匹目の魚よりはヒキが弱いが慎重にランディング。約500gのバスをキャッチしました。2匹で約1,200gと、この時期の東条湖ではキーパー3匹分に相当するであろうウエイトを得ることに成功。

しかし、上流サイト組が一発でビッグフィッシュを当てようものならこのウエイトでは勝てないと思い、もう1匹追加を狙うが、ここでタイムアップ、ウェイインへ。




結果、2本・1,205gとローウエイトスコアでしたが、周りの選手も苦戦を強いられ、、、

なんと優勝することができました!



 


各チャプターから勝ち上がった選手達と戦い、ブロックチャンピオンシップで勝つことができて最高の気分です。また、JBジャパンスーパーバスクラシックと西日本ファイナルの出場権利も獲得することが出来ました。

残り2戦も頑張ってきたいと思います。

 

チャプター布目・第4戦で第5位入賞!

こんにちは、生島です。チャプター布目・第4戦に参戦してきました。

布目ダムの状況は例年通りの減水傾向。前日プラではサマーパターンのセオリー通りの、水通しの良いエリアにある岬・ハンプを中心にライトリグで探ると、350〜500gまでのバスはキャッチできるものの、それ以上のサイズは難しく、数もワンスポットから複数匹釣れない状況でした。                                                    

700g、800gの魚も単発でキャッチすることはできましたが、お立ち台に絡むには500g以上の魚を3本揃え、かつキッカーを混ぜることを目標設定し、プラを終えました。

試合当日、フライトは4番。本命の下流スポットに行けると思い、スタート準備をしていると前夜の雨とダムの放水でダムサイドのブイが下流の岬に接岸している様に見えたので急遽そこに入ることにしました。                                                    

しかし、これが大誤算…。

下流に流されたブイがあと少しのところで止まっており、攻めたい水深に達していない…。早々に諦め、本命ポイントに移動。しかし先行者に入られていたため、近くのエリアでキーパーを揃えることにしました。

アクティブ・RSトーナメント1/16ozをセットしたダウンショットリグでスローに探ると、すぐに350gの魚をキャッチ。ライブウェルに魚を入れ、ふと本命ポイントに目をやるとドラグを鳴らし慎重にやり取りをしている光景を目の当たりしてしまった…。キャッチされた魚は2kg超のビッグバスだったみたいです。

“やられたー” と一気にテンションダウン…。気を取り戻そうと各岬を攻めるも350gを追加したのみで、副ダムエリアに大きく移動しました。

次に狙ったスポットは、水通しの良い水深5〜6mのフラットエリア。アクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットリグをシューティングで狙う。すると550g、500gと立て続けにキャッチすることに成功。

ディープの魚だったため、すぐにアクティブ・エア抜き針ロングでエアーを抜きました。このロング針は、腹部からだけではなく口からもエアーを抜くことが可能です。



あとは小さいサイズ1匹を入れ替えたいので、副ダムにある沖のハンプを狙うと今回の最大魚650gをキャッチすることに成功!

更なる入れ替えを狙うも500g前後の魚を複数キャッチし、アクティブ・どっちどっちを使って数g単位で入れ替えを行い、タイムアップ。



混戦の結果は、3本・1,720gの第5位。





6位とは10g差の勝負だったので、アクティブ・どっちどっちで丁寧に入れ替えをしたことが大正解でした。



久しぶりにチャプター布目でお立ち台に立つことが出来ました。この時期の布目ダムは500gの魚が多く、アクティブ・フィッシュスケール500g、1kg、アクティブ・どっちどっちは必需品。残り2戦も、頑張りたいと思います。


アクティブ・ホームページへ

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode