GWに池原ダムへ!

こんにちは、谷口です。

GWに奈良県・池原ダムへ行って来ました。

 

この時期の池原ダムでは多くの方が60cmを超えるビッグママを求めて来られています。

 

 

もちろん僕もその1人です。

 

 

当日は仲良しメンバーでロクマル目指してプチトーナメントも開催し、みんなでワイワイガヤガヤと楽しんで来ました。

 

メンバーが思い思いのポイントへ移動する中、僕は坂本筋の岩盤エリアへ。

 

しかし、坂本筋は1年通して人気の筋でこの日も沢山のアングラーが楽しんでおられたので、プレッシャーも高そうと判断し、早々に備後筋へ移動。

 

そして上流から下流へ流していくとポロポロとバスを見掛けるようになってきました。

 

 

しかし狙いのビッグママではないのでスルー。

 

 

更に下流へ流していくと小さな岩の張り出しとレイダウンが絡んだ少し深い場所に大きな影を発見!

 

 

一旦距離を取り、慎重にアプローチするも反応はイマイチ…。

 

 

それでもキャストを繰り返しているうちに、僅かですがバスが意識しているポジションを見つることができ、そのピンポイントへアクティブ・エアーリーチ(イエロー)6インチのテキサスリグ(アクティブ・BSトーナメント 3/8oz使用)を送り込み、ステイさせると遂にバイト!

 

 

残念ながらロクマルではなかったのですが50アップのナイスなバスでした。

 

 

 

 

アクティブ・エアーリーチはステイさせるとテールが立ってユラユラと自発的にアピールしてくれます。

 

 

 

 

ステイさせることでルアーの不自然な動きや糸切り音もないので、反応の悪いバスもエアーリーチの滑らかなテールの動きに思わずバイトしてしまうのだと思います。

 

是非、皆さんもエアーリーチのナチュラルアクションを体感してみてください!

 

 

その後は備後筋と坂本筋のインターセクションまで釣り下りましたが、このサイズを超えるバスとの出会いはなく、本流にある南ワンドと北ワンドへ移動。

 

 

南ワンドでは沢山のバスが浮いており、表層系のルアーで数釣りが楽しめました。

 

北ワンドではビッグワンとの巡り合わせがあったのですが、フッキングが甘くバラしてしまい、ここで終了。

 

 

結局、ロクマルを釣ることは出来ませんでしたが、GWのハイプレッシャーでメンバーも苦戦したみたいで、プチトーナメントの結果は50アップで優勝でした〜。

 

 

 

 

夜はみんなでBBQをして、美味しい肉と酒、バカ話で盛り上がり、楽しいGWになりました!

 

 



アクティブ・ホームページへ


津風呂湖でロクマル!

こんにちは、谷口です。

約1年ぶりとなる奈良県・津風呂湖に行ってきました。

 

夕方から予定があったので昼過ぎまでの釣行でしたが、とても楽しめました!

 

津風呂湖はプロ戦で年間優勝したこともあり、比較的相性の良い湖です。過去の経験から、気になるポイントを周っていくと早速ナイスなバスを発見!


ある程度の距離を取って、アクティブ・エアーリーチ6インチのテキサスリグを投入すると、エアーリーチのナチュラルなテールの動きがバスを誘発して一撃でバイト!

 

朝イチから56cmをGET!

 

 

 

 

「幸先いいなぁ〜〜〜♡」と思いながら上流に上がっていくと丸太のような影を発見!

 

 

しかし、反応はイマイチ…。

 

 

バスとの距離、ルアーを入れるポイント、アクション等、色々と試行錯誤すると僅かながら反応するアクションがあることがわかり、苦戦の末、遂にバイトさせることに成功!

 

 

強烈な突っ込みをうまくやり取りし、、、

 

 

 

 

61cmのビッグバスをGET!

 

 

 

 

心臓バクバクで手も足も震えるほどのビッグママでした。

 

 

その後も55cmの他、40UPを数本釣って、風が強くなってきたので予定より早く終了。

 

 

 

 

久し振りの津風呂湖でしたが、やはり相性が良く大満足の釣果となりました。今日の釣果のリグですが、全てエアーリーチのテキサスリグでした。

 

 

 

 

エアーリーチのナチュラルアクションは本当に皆さんにも体感して欲しいです。

 

 

テキサスリグのシンカーはアクティブ・BSトーナメントを使用していたのですが、このシンカーはホールエッジを滑らかに加工することによるチューブレス仕様となっています。


ラインホールにチューブが有る場合はチューブの劣化等により、ラインがシンカーと直に擦れることがあり、ラインを傷付けることがありますが、このシンカーにはその不安がありません。

 

実際に今日の釣果でも全くラインに傷はなく、1度もラインを結び直すことがありませんでした。是非、こちらのシンカーも皆さん使ってみてください!
 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター奈良・第2戦で8位入賞!

こんにちは、谷口です。

NBCチャプター奈良・第2戦に参戦してきました。

 

大会会場である七色ダムの状況ですが、春と冬が混在しており、各川筋上流では春を意識したビッグバスがウロウロ、冬の定番のディープエリアでもサイズは期待できないがポロポロ釣れる状況です。

 

自分的には釣りのスタイルも春と冬のどっち付かずになり毎年苦手としている時期の大会です。シャローのデカイ1本を狙うか、小さくても手堅くディープを狙うのか…。


何とか絞り込みたい一心で今回は前週とオフリミットがないことから金曜、土曜とプラクティスを3日間敢行。しかし3日間のプラクティスで釣れたのはシャローで1本、ディープで2本のみ。

 

サイズはシャローではキロオーバー、ディープは300g前後でしたが予想以上にディープも難しい状況でした。結局、絞り込むことが出来ないまま大会当日を迎えることに。

 

シャローならあのエリアか…、こっちか…。ディープならこのエリアが堅いか…、とあれこれ悩んでいたのですが、肝心のフライトが中盤後方スタート。

 

これで人気エリアになるであろうシャローの大場所は諦めることができ、まずはディープ狙いでスタートすることに。

 

 

向かった先は北山川筋の旧発電所跡上流。

 

 

流れ込み、岩盤、ガレ場が複合しているポイントで冬場の実績も高いポイントです。しかしバイトもなく、魚探の反応もイマイチだったので1時間ほどで見切り、大会会場前のポイントへ移動。

 

このポイントはプラクティスではベイトが比較的濃く、期待のエリアです。ただ、バスからの反応が薄く内心は不安だったので朝イチはスルーしたのですが…。

 

 

狙いのポイントは沖のショルダー付近。

 

 

ダウンショット(アクティブ・RSトーナメント 1/8oz使用)スローにドラッキングしてしばらくすると待望のバイト!サイズは305g(アクティブ・フィッシュスケール 500g使用)と、やはり小さかったのですが、待望の1本。

 

水深16m付近で釣れたバスなのでエア抜き(アクティブ・エア抜き針S使用)を施してライブウェルに。不安だっただけに非常に嬉しい1本で、毎回のことですがバスがライブウェルに入ると気持ちが落ち着きます。

 

 

 

 

その後バイトが遠のくも、厳しい状況ですので生命感があるこのポイントでやり切ることにして、何とか2本目のバイト!上がって来たのは予想に反して、700g(アクティブ・フィッシュスケール 1kg使用)のナイスフィッシュ!

 

 

「このサイズがもう1本入ればお立ちもあり得る!」と終了ギリギリまで粘ったのですが、そこまで甘くはなく2本でフィニッシュ。参加選手の皆さんも厳しい状況だったみたいで66名中、ウェイインしたのは19名。

 

 

 

 

結果は8位で何とかシングル入賞出来ました。

 

 

もちろん上位に入りたかったですが、プラクティスの状況からすれば自分的には合格点です。そして気になる年間順位は3位とタイトルを狙える位置をキープ!

 

次戦は6月と少し期間が空きますが、今度は得意の季節なんで優勝目指して頑張ります!!

 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター奈良・第1戦に参戦!

こんにちは、谷口です。

2017年最初のトーナメント、チャプター奈良・第1戦に参戦してきました。

 

 

会場は七色ダム。

 

 

毎年この時期(1月)に開催されているのですが、やはり時期が時期だけに釣果は厳しいのは必至。

 

今年はチャプター奈良の年間タイトルを狙うと公言(身内にだけなので内密に…笑)しているだけに絶対に落とせない試合です。しかし、1月は仕事が忙しくプラクティスは前日のみ。

 

限られた時間の中で広大な七色ダムを全域チェックするのは困難なため、過去の実績ポイントを中心にチェックしていきました。

 

大又川〜本流〜西ノ川と数カ所回るも昼過ぎまでノーバイト。

 

 

残るエリアは北山川。

 

 

まずはトーナメントエリア最上流部へ。そこで奇跡のプチラッシュ!

 

 

 

 

立て続けに2本のバスから反応がありました。

 

 

 

 

反応があったポイントは10mのフラット。フラットからの駆け上がり8〜9mにはブッシュが点在しているポイントです。おそらくブッシュに付くベイトをフラット側で待機して捕食してるのかな〜?と考え、周辺を少しチェックして明日のために早々に移動。

 

残り時間で旧発電所や大会会場前をチェックするもノーバイトでプラクティスは終了。そんな感じだったので迷いもなく当日のポイントは決定!

 

 

大会当日。参加選手は62名!

 

 

こんなに寒くてもバストーナメンターの気持ちはかなり熱いようです(笑)

 

そしてフライトが早かったこともあり、無事に狙いのポイントへ入ることができ、10mのフラットをダウンショットでゆっくりドラッキング。

 

 

30分ほどして1本目。

 

 

バスに負担を掛けないようゆっくりと巻き上げ、アクティブ・エア抜き針でエア抜きをして計測すると350g(アクティブ・フィッシュスケール500gにて計測)。思ってたよりサイズは小さかったですが、まずは1本で気持ちは落ち着きました。

 

 

しかし、そこからバスの反応は全くなく2時間が経過。

 

 

移動を悩んでいると違和感を感じて少しラインを張ってみると、いつの間にかラインが沖の方へ。慌てて巻き合わせして待望の2本目。そこからは1時間に1本ペースで最終的には2回の入れ替えを含む計6本で終了。

 

 

 

 

リグは全てダウンショット。

 

シンカーはディープを狙うため、ルアーを早く落としたいのと活性の低いバスに1点で長くルアーを見せるために少し重めのアクティブ・RSトーナメント1/8ozを使用。

 

そして引っかかりがあるとこでは1点シェイク、外れた後はステイの繰り返しでドラッキング。イメージはシェイクでバスに興味を示させてステイすることで活性の低いバスでも口を使わすって感じです。

 

アクティブ・RSトーナメントを使うことでスタックすることなくシェイク、ドラッキング、ハングオフ出来るので根掛かり等でポイントを潰すこともかなり軽減出来ます。

 

またこの時期にディープの釣りに絶対必要なのがエア抜き針。アクティブ・エア抜き針は安価ですし、エア抜きがわからないって方にも台紙の裏面に図で解説してあるので安心です。

 

 

 

 

是非タックルボックスに1つ入れておいてくださいね〜。

 

 

そしてトーナメントの結果ですが、滑り込みセーフのお立ちで5位入賞でした!

 

 

 

 

この調子で更に上を目指して今年も頑張ります!

 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター池原・第5戦に参戦!

こんんちは、谷口です。

NBCチャプター池原・第5戦に参戦してきました。

 

前日に大会会場の池原ダム入りしたのですが、数日前の雨の影響で増水しており、ダムの雰囲気は前戦とはガラっと変わっていました。

 

湖の中の状況はというと秋らしくベイトを意識したバスが多く感じられました。

 

そんな感じでプラクティスではベイト絡みで良いポイントさえ見つければ600g前後のバスは比較的簡単に口を使ってくれて、リミット3本で2kgぐらい。

 

「これでは勝てないなぁ〜」と思いながらも他のパターンは掴むことが出来ずにプラクティスは終了。

 

 

そして、大会当日。

 

 

スタートが第2フライトで朝イチに向かうポイントを悩んだのですが、ダメ元で定番の白川大橋下の湧き水ポイントへバウを向けました。

 

ポイントへ着くと狙いのポイントの下流側に先行者。声を掛けるとOKサインを頂けたので狙いのポイントへ。

 

前日は岩盤へタイトにネコリグ(アクティブ・MSトーナメント1/32oz使用)を落としてフォールで食わすことが出来ており、サイズも比較的良かったポイントです。

 

しかし回遊のタイミングに合っていないのか、定番ポイントが故に人的プレッシャーで食いが悪くなったのか、1時間の間ノーバイト。

 

ライブウェルに魚が入らないと落ち着かないので、まずはリミットメイクしようとバックアップポイントへ早々へ移動することに。
移動した先は本流にある椿島の赤土バンク。

 

ベイトの存在を確認してダウンショット(アクティブ・RSトーナメント1/8oz使用)で小さな張り出しを中心に探っていくと待望のファーストフィッシュ!

 

 

その調子で予定通り1時間ほどでリミットメイクに成功!

 


ウエイトは前日より魚のサイズがダウンしており、3本で約1,400g。もう少しウエイトを伸ばすためにこのポイントで粘ることに。すると予想外のキロフィッシュをゲット!

 

ライブウェルに入れ、1番小さなバスを入れ替えした瞬間にな、なんと!キロフィッシュがライブウェルからダイブしてサヨナラ〜。

 

 

…。

 

 

3本・2,400gが2本・1,100gに…。

 

 

苦戦してただけに痛過ぎるミスに心はポキリ…。

 

 

折れた気持ちを立て直しつつ頑張ったのですが、頭の回転はフリーズ状態で次の展開を作れないまま、このポイントでキーパーを揃えてタイムアップ。

 

 

 


結果は3本・1,570gで8位でした。

 

 

これで僕が参戦しているチャプターは全大会が終了です。残すは近畿ブロックチャンピオンシップ。昨年は優勝して西日本決勝大会の権利も獲得したので、今年も連覇して西日本決勝に出れるよう頑張ります!

 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター奈良・第4戦で3位入賞!

こんにちは、谷口です。NBCチャプター奈良・第4戦に参戦してきました。前日プラクティスは仕事の疲れもあり、少しゆっくりスタートの昼前から出撃。

 

 

今回の狙いは回遊!

 

 

と、サイトメインのタックルを組んでいたのですが、天気は曇りでローライト&風…。サイトにはコンディションが悪いため、とにかくバスの居場所を掴むために岩盤や立木を探っていくとキーパーサイズはそこそこ釣れます。

 

しかし全て300g前後で、リミットメイクしても1キロ前後と試合としてはダメダメ。スタートが遅く時間が無くなってきたのでエリアを絞り、本流をメインに探っていったのですが、結局何も掴めず終了。

 

 

そして大会当日。

 

 

エリアが違うのか?、釣り方が違うのか?…。おそらく両方違うのだろうと思い、向かったエリアは前日チェック出来なかった大又川上流域。

 

このエリアでの岩盤絡みからチェックしていくと前日同様300g前後のキーパーサイズはイージーに反応してきます。釣り方もやはり変える必要があることを確認し、状況を再度自分なりに分析し、狙うレンジを下げることに。

 

 

理由は水温低下。

 

 

土曜日の時点で1℃、大会当日に更に1℃、と下がり続けている状況からバスとベイトのレンジが下がったのでは?と予測しました。

 

そして、サイトメインの予定で使ってなかった魚探の電源を入れて探っていくと、水深5〜6m付近にベイトの反応を発見。アクティブ・RSトーナメント1/11ozのダウンショットの一点シェイクでバスからの反応を待つと、

 

 

“ グッ ” と重くなるバイト!

 

 

明らかに今までとは違う引きを感じながら、慎重にランディングしたのは800gのキッカーフィッシュ!

 

この1本で予測が確信に変わり、同じレンジを狙うとバイトは少ないもの今までよりはサイズアップし、アクティブ・フィッシュスケールを使いながらウエイトアップを図っていく事に成功!

 

 

 

 

結果、3本・1,815gで3位に入賞する事が出来ました。

 

 

 

 

更に嬉しい事に2位と4位にもチームアクティブのメンバーが入賞しました!

 

また、今大会がNBCチャプター奈良の最終戦でしたので年間成績が発表され、後半戦2戦連続お立ちで捲り、年間総合順位も3位入賞!

 

 

 

 

この勢いで近畿ブロックも頑張ります!!

 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター池原・第3戦で3位入賞!

こんにちは、谷口です。NBCチャプター池原・第3戦に参戦してきました。

 

前日に、いつもボート昇降をお世話になっているY企画さんで準備をしながら状況をリサーチすると、魚影の濃いのは白川筋とのこと。

 

池原ダムは広大なエリアで、自分の15馬力では到底全エリアをチェックするのは難いので事前情報は重要です。

 

早速、白川筋上流に向かい、まずはスポーニング絡みのバスをサイトで探しながら、並行してバスの回遊ルート、ベイトの固まっているエリアをチェックして行きました。

 

そしてスポーニング絡みで池原らしい丸太のような60UPとベイトが大量に溜まっており、そのベイトに良型のバスが付いているエリアを見付けることが出来ました。

 

このエリアを当日のメインエリアと考え、残り時間はバックアップパターンとしてこのエリア周辺をチェックしプラクティスを終了。

 

 

そして、大会当日。

 


比較的早いフライトだったので、まずは前日に見付けていた60UPのポイントへ。

 

先行者はおらず無事に入ることが出来たのですが、残念ながらお留守で変わりに40cmぐらいのバスがお留守番をしてました。

 

しかしスプーキーな状態で反応させるには時間が掛かりそうだと判断し、早々にベイトが溜まっていたエリアへ移動。

 

すぐにスクールを発見し、並走しながらコンタクトポイントになりそうなポイントへアクティブ・RSトーナメント1/16ozのダウンショットをキャストし、狙い通りバイト!

 

 

 

 

ラインが3lbだったので沖に誘導し、慎重にやり取りして無事にランディング!

 

アクティブ・フィッシュスケール2kgで計測すると1,500gのナイスキッカーでした。

 

 

続けて同じサイズを掛けるも、立て続けのキロフィッシュに気が焦ってしまい( 頭の中でお立ち台がチラチラ 笑 )少し強引にやり取りしてしまいラインブレイク…。

 

そして、痛いミスだがチャンスはまだある!と気軽に思っていたのも束の間で、日が昇るにつれ、目で見える岸際からバスの姿が極端に減ってしまい厳しい状況に一変。

 

 

釣れない時間が続く中、突然ボイルが…。

 

周りを良く観察してみるとベイトがたまに不自然な動きをしていることに気付いた。

 

 

そう!バスのポジションは岸際から沖へ移動しており、沖からベイトを追い込み捕食していたのです!

 

それからは、岸から少し距離を置いてベイトの動きに注意して、ブラインドの釣りにシフト。

 

すると今までの苦戦が嘘のようにバイトが増え、2本目となるキーパーサイズをゲット。その後もキーパーは釣れ続け、早々にリミットメイクに成功!

 


しかし、釣れども釣れどもキーパーサイズ…。

 

 

10本以上釣ってやっと待望のキッカーを獲ることが出来たのですが、その後もキーパーの嵐。結局最後まで3本目のキッカーを獲ることは出来ずにタイムアップ。

 

 

 

 

あまりにも釣れるので「この時はいつかキッカーが混ざるだろう」と思い、単純な攻め方しか出来なかったのが反省点です。

 

 

しかし、2本のキッカーのお陰で3,150gで3位に入賞する事が出来ました!

 


七色ダム、池原ダムと2戦連続お立ち台に上がれましたが、やっぱり1番高いとこがいいんで、次は優勝報告出来るように残りの大会も頑張ります!

 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター奈良・第3戦で4位入賞!

こんにちは、谷口です。NBCチャプター奈良・第3戦に参戦してきました。

 

大会は6月26日(日)に開催されたのですが、大会会場である七色ダムにおいては4月〜6月の間はライブウェルにキープ出来る本数を1本のみと制限していることから、そのルールに則りリミット1本での勝負となる大会でした。


季節的にプリやアフターが混在して狙いが定まらず、本来ならリミットメイクするための戦略に頭を悩ますとこですが、今回は1本勝負!…となるとスポーニング絡みのデカイのを狙うしかない!と前日のプラクティスは勝てる魚を1日中探し、数が少ないながらも高ウエイトが期待出来る魚を見つけることが出来ました。


しかし、当日は参加選手を含め沢山のアングラーが湖上に居られたので、大会当日までその魚が居残ってるかどうかは時の運…。

 

 

そして、大会当日。

 

フライトは後半だったので先行者が居るのでは?と不安でしたが無事にポイントに入る事に成功。しかし、先行者も居なかったですが、狙いの魚も居らず…。


次のポイントとその次はオスのみで、メスはお留守になってしまっていたのでスルー。


4ヵ所目のポイントでやっと勝負出来る魚が残っていました。

 

アクティブ・BSトーナメント10gのテキサスリグ、RSトーナメント3/16ozのベビダン、ノーシンカー等々、手を替え品を替えするも反応せず…。

 

 

苦戦しているとスクールを発見!

 

 

スクールが向かっている先に目をやると立木があり、そこにタイミングを見計らってアクティブ・RSトーナメント1/16ozのダウンショットをキャスト。

 

 

すると、バスがルアーを追って立木へと方向転換。

 

 

立木に巻かれないようにラインでアタリを取り、一気に沖へと誘導し、無事ランディングに成功!

 

 

起死回生のキロフィッシュです!狙いを回遊バスにシフトし、ポイントをランガンしましたが入れ替え出来るバスに出会うことが出来ずタイムアップ。

 

 

 

 

シングル入賞ぐらいかな?と予想していたのですが、選手の皆さんも苦戦したようでウエイトは伸びず、1,205gで4位に入賞する事が出来ました〜。

 

 

 

 

各大会も折り返しに入ってきたので、この調子で捲って行きたいたと思います。

 

 



アクティブ・ホームページへ


七色ダムでデカバス!

こんにちは、谷口です。奈良県・七色ダムに行ってきました。

 

当日は生憎の天気で、今にも雨が降りそうな感じで、時期的にスポーニング絡みのデカバスを狙うつもりだったのですが、サイトは難しいと判断し、アフター回復系に狙いをシフトすることに。

 

 

まずは七色ダムでは定番の旧発電所跡のあるエリアからスタート。

 

 

ゴロタにアクティブ・RSトーナメント1/16ozのダウンショットをキャストし、ゆっくりダウンヒルにリグを落としていくとゴン!

 

 

気持ち良いアタリの後は強烈な突っ込み!!

 

 

瞬間的にデカイと感じ、ドラグを調整しながらエレキで沖に誘導して、慎重にやり取りして釣り上げたのは、余裕の50UP!

 

 

 

 

桟橋に戻って計測すると57.5cm、3,020gのビッグサイズでした。

 

 

幸先良くデカバスに出会うことができ、意気揚々と同じようなエリアや立木、岬をダウンショットやジグヘッドで探っていくと面白いように反応があります。

 

しかしサイズがイマイチだったので、アクティブ・BSトーナメント3/8ozのテキサスリグで岩盤エリアを狙うと少しサイズアップしましたが、ここで雨が激しくなり雷鳴が聞こえたため、ストップフィッシング。

 

結局この日のデカバスは朝イチの1本のみとなりましたが、一緒に釣行していたチームアクティブの別所さんも50UPを釣り上げていました!

 

 

 

 

この時期の七色ダムではビッグバスを狙いながらも数釣りも楽しめますので、リザーバー必須アイテムのアクティブ・リザーバーシンカーやRSトーナメントを持って皆さんも訪れてみては!!

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター布目・第2戦に参戦!

こんにちは、谷口です。NBCチャプター布目・第2戦に参戦してきました。

 

前日プラクティスではダムサイトと副ダムエリアを重点にチェックしていき、副ダムエリアの沖にある橋脚跡付近でかなりの手応えを得ることができました。

 

早々にプラクティスを切り上げ、当日のタックル準備を入念にして就寝。

 

 

明けて当日。

 

 

…雨です。

 

 

しかも夜中に相当降ったみたいで、この雨が湖にどんな影響を与えているのか、、、。

 

恵みの雨でありますように!っと祈りながらスタート!

 

もちろん副ダムの橋脚跡へ。

 

 

フライトが後半の方でしたが、チームアクティブの谷岡さんに整備して頂いているエレキ(リアライズ仕様)のお陰で先行選手を追い抜き、無事にポイントに入ることに成功。

 

ここまでは予定どおりだったのですが、釣りを開始して早々に嫌な予感が…。

 

短時間でリミットメイクできるポテンシャルのあるポイントのはずが、バスからの反応が薄くバイトも浅い状況に。

 

ダウンショットのシンカー(アクティブ・RSトーナメント)を1/11ozから1/16ozにウエイトを下げて、慎重に探ると待望の1匹目!

 

しかし、期待していたサイズではなく、反応もサイズも前日から激変していました。

 

 

 

 

恵みの雨ではなかったみたいです、、、。

 

 

その変化に気付いていながらも前日のポテンシャルが頭から離れず、粘りに粘って、、、結果、、、撃沈。

 

やり切った感はあるものの、試合運びとしては最悪な結果となってしまいました。この反省を忘れずに次戦は良い結果をご報告させて頂きます!!

 

この試合で新しい「チームバグース」のトーナメントシャツを着用していたのですが、生地の伸びがあり着心地抜群でした。アクティブではオリジナルトーナメントシャツを作っていますので、皆さんもチーム等のカッコいいシャツを作ってみては!

 



アクティブ・ホームページへ


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode