TOP50第3戦、10位入賞!

7月3日(金)〜5日(日)に岡山県・旭川ダムにて開催されたJB・TOP50・第3戦にて、やっと予選通過する事が出来、更に入賞する事が出来ましたので報告させて頂きます。

今回のメインパターンは、カバーにサスペンドしている魚と水深3mまでの岩やスタンプに付く魚をネコリグで釣っていくというものでした。

使用したリグは、サスペンドバスには、4インチストレートワーム(アクティブ・MSトーナメント1/64oz+WTトーナメント4mm使用)ネコリグをスローフォール&スイミングで使用し、岩やスタンプに付く魚には、5インチストレートワーム(アクティブ・MSトーナメント1/20oz、1/16oz+WTトーナメント5mm使用)ネコリグで釣っていきました。

1日目は、300g程の魚ばかりで計1,566gしたが、2日目にはキッカーフィッシュとなる1,300gの魚を3ポンドラインながら獲る事が出来、単日4位の計3,150gをマークし、予選を9位で通過しました。


▲1日目のキッカーとなる1,300gの魚

そして、決勝となる3日目も同じ釣り方で攻め抜き、短時間ながら3本1,926gを釣り、順位は落ちたものの総合10位に入賞する事が出来ました!


▲同じ釣り方で攻め抜き、好結果が出ました

第4戦は9月4日(金)〜6日(日)に徳島県・旧吉野川で開催されます。
来年もTOP50という最高の舞台で戦える様に頑張ります!

≪タックルデータ(ネコリグ−スイミング用)≫
ロッド:6.0f(UL)
ライン:フロロカーボン 3lb
ルアー:ストレートワーム 4inch
シンカー:アクティブ・MSトーナメント1/64oz

≪タックルデータ(ネコリグ用)≫
ロッド:6.0f(L)
ライン:フロロカーボン 3lb
ルアー:ストレートワーム 5inch
シンカー:アクティブ・MSトーナメント1/20oz,1/16oz

その他:アクティブ・WTトーナメント 4mm,5mm、
     アクティブ・フィッシュスケール 1kg,2kg



アクティブ・ホームページへ

ヒューマンチャプターに参戦!

皆さん、こんにちは!アクティブ・プロスタッフの伊藤康宏です。
6月12日(金)、兵庫県・東条湖で開催されたNBCヒューマンチャプター・第2戦に参戦してきました。

今回は、都合により前日プラ無しのぶっつけ本番で挑んできました。時期的には、アフターの魚が多いだろうと予想が出来、当日の天気も晴れという事だったので、得意のサイトフィッシングオンリーで戦うことにしました。

試合当日、フライトが遅かった事もあり、人の少ない本湖のワンドを狙いに行きましたが、難易度の高いネストの魚はいるものの、狙いのアフターの魚は少なく、居てもすぐに逃げてしまう魚ばかりでした。

ということで本湖は早々に見切り、川筋を上がっていくと、50m程のガレ場のストレッチで数本のアフターのバスを発見!アフターのバスは元気が無く、警戒心も高く、釣り難いのですが、スポーニングの名残が残っているので、リアクションやフォールに反応する事が多く、ルアーやアクションを変えるだけでウソの様に喰ってきてくれます。

その事を頭に入れ、アクティブ・MSトーナメント1/64ozをセットした3.8インチワームのネコリグ、スモラバ等、様々なルアーやリグを試し、約1時間の格闘の末、ようやく喰わす事が出来、貴重な1本をゲットしました!その後は、東条湖を走り回り、風が吹きながらもサイトフィッシングを貫きましたがショートバイトに悩まされ、3本もバラシてしまい、1本のみのウェイインとなりました。


▲こんなに長いのに900g…。少し不満顔ですが、釣れてくれたバスに感謝です

そして、表彰式。

ウェイインした人数が6名と予想以上にタフな1日だったみたいで、2位に入賞する事が出来ました!




▲1位が良かったー、と思いながらも久しぶりのお立ち台に満足です

今年は6位止まりが多かったのですが、2位という結果を残せて本当に嬉しく思います。次は優勝の報告が出来る様に頑張ります!!

≪タックルデータ(ネコリグ用)≫
ロッド:6.0f(UL)
リール:スピニングリール
ライン:フロロカーボン 2.5lb
ルアー:ストレートワーム 3.8inch
シンカー:アクティブ・MSトーナメント 1/64oz
その他:アクティブ・WTトーナメント 4mm

≪タックルデータ(ライトラバージグ用)≫
ロッド:6.0f(UL)
リール:スピニングリール
ライン:フロロカーボン 3lb
ルアー:ライトラバージグ 3/64oz

ホームページへ

JBトップ50・第1戦!

こんにちは、伊藤康宏です。
3月27日(金)〜29日(日)に開催されたJBトップ50・第1戦(高滝湖)に参戦してきました。


▲高滝湖は初めての湖でした

第1戦の会場である千葉県・高滝湖は行った事が無く、未知のフィールドで情報も無いまま2週間前のプリプラクティスに臨みました。水温9〜12℃と思ったよりも高く、試合の時にはスポーニング真っ最中?とも思わせる程でした。

プリプラでは、全域の魚探がけ&エリアの把握をメインに探っていきましたが、リズムが全く合わず、魚にも追いつけず、高滝バスを手にする事は出来ませんでした。

試合直前のプラクティスでは、プリプラで見つけていたエリアを4インチワームのネコリグ(アクティブ・MSトーナメント1/32oz使用)のスイミングで丁寧に探って行くと、2日間で3本のバスをキャッチする事が出来ました。


▲プラでキャッチしたバス

そして試合当日、6番フライトという事もあり、入りたいエリアに無事に入る事が出来、 4インチワームのダウンショット(アクティブ・DSトーナメント1/16oz使用)で前日プラより丁寧な釣りをして、何とか2本獲る事が出来ました。


▲初日は2,374g(2本)で22位でした

初日22位で折り返した2日目、1日目とは打って変わってフライトは47番。昨日のエリアに何とか滑り込み、2時間程粘ってみるもバイトはナシ…。明らかに魚が居なくなっていると感じ、思い切って戦略を変えて上流でのサイトフィッシングを試みるが、簡単に釣れるわけも無く、帰着1時間前で上流を諦め、ラスト30分を会場付近で過ごす事にしました。

「釣れる!釣れる!!絶対釣れる!!!」と自分に言い聞かせながら、3.5mラインを4インチワームのダウンショット(アクティブ・DSトーナメント1/16oz使用)でズルズルしていると、“ぬ〜〜〜〜〜”とゴミが引っ掛かった様なアタリが…。

疑いながらもフッキングすると、ロッドから僅かな生命感が伝わり、慎重にランディング!上がってきた魚は、アベレージ1kgの高滝湖では珍しい500gにも満たないバスでしたが、僕にとっては非常に大きく見えた1匹でした。


▲自分にとって、とても意味のある1匹でした

2日目は、この1匹だけでしたが “最後まで諦めるな!” という事を教えてくれた1匹でもありました。

春は、“アタれば天国、外せば地獄”と言われるようにバスの動きも早く、どれだけバスに合わせて柔軟に動けるかがキーになってきますね。

2日目が終わり、結果は34位…。予選敗退で3日目は会場での盛り上げ役になってしまいましたが、多くの観客が見守る中、ウェイインするプロの方々を見て“次こそは、自分が!”という思いが湧いてきました。


▲会場には、たくさんのお客さんが来られてました

今回は残念な結果でしたが、気持ちを切り替えて6月に開催される霞ヶ浦での第2戦に備えたいと思います。と、その前にJB旭川やチャプターもあるので、良い結果報告が出来るように頑張りたいと思います。

≪タックルデータ(ダウンショット・ネコリグ用)≫
ロッド:6.0f(UL)
リール:スピニングリール
ライン:フロロカーボン 3lb
ルアー:ストレートワーム 4inch
シンカー:アクティブ・MSトーナメント1/32oz(ネコリグ用)、
      DSトーナメント1/16oz(ダウンショット用)

その他:アクティブ・WTトーナメント 4mm

ホームページへ

池原ダムでのディープ攻略!

みなさん、はじめまして。今年からアクティブ・プロスタッフとしてJBトップ50に参戦する伊藤康宏です。どうぞよろしくお願い致します。
 
先月中旬にホームレイクでもある池原ダムへ行って来ました。


▲穏やかな1日でした

この日は、一足早い春の陽気で晴天無風と非常に過ごしやすく、まさに「釣り日和」の1日でした。水温も8〜9℃と、この時期にしては比較的温かく、シャローが気になるところでしたが、今回はあえてディープオンリーで池原ダムを攻略して来ました。

朝イチに昇降場から出船し、対岸にある通称「屋敷跡」と呼ばれるディープフラットに入りました。15mラインを流しながら、魚探で地形変化&ベイトフィッシュを探すと、すぐに良さそうなポイントを発見し、ストレートワーム4インチのライトキャロ(アクティブ・CSトーナメント1/8oz使用)を落とし、ゆっくりとドラッキングすると、すぐにバイト!!“深海魚”なので、焦らず、騒がず、ゆっくりと巻き上げ…、無事にランディング!


▲今日の初バスです

小さいながらも、良く引きました。エア抜き(アクティブ・エア抜き針L使用)もバッチリ成功。


▲アクティブ・エア抜き針L

しかし、その後反応が無くなり、同じ白川筋でも少し上流にある「屋敷跡」へ移動。同じく15mラインを流すも反応無し少しレンジを落として17mから20mに落ちるブレイクに狙いを変えると、バイトが集中。2投連続でアベレージサイズをキャッチしました。

その後は、魚探を見ながら、反応が無ければすぐに移動…、と2ヶ所の屋敷跡をローテーションし、比較的早いテンポで釣っていき、日没までに計8本ゲット!!


▲2月とは思えぬ釣果に大満足でした


この日から1週間後に、再び池原ダムへ行き、「そろそろシャローか?」と思いましたが、相変わらずディープで、先週と同じ釣り方で、まだまだ釣れました。


▲記録級のビッグバスが、いつ来てもおかしくない夢のフィールド、池原ダム!

次は、シャローでビッグバス!!を狙ってみたいと思います。

≪タックルデータ(ライトキャロ用)≫
ロッド:6.0f(ML)
リール:スピニングリール
ライン:フロロカーボン 3lb
ルアー:ストレートワーム 4inch
シンカー:アクティブ・CSトーナメント 1/8oz

その他:アクティブ・フロートリグスイベルSSS、エア抜き針L

ホームページへ

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode