三重県・尾鷲でタイラバ!

こんにちは、松本です。

先日、三重県・尾鷲市の遊漁船でタイラバに行ってきました。

 

最近始められた半日便、この日は午後便で出船。自宅から尾鷲までは3時間位なんですが普段通りに起きても乗船時間に間に合うので超のんびりです。

 

 

船長に最近の状況を聞くと真鯛は渋いとの事。

 

 

最初のポイントは50〜60mライン。真鯛、鬼カサゴなどの根魚が狙えるポイント。通常ならば100g程度のヘッドを使用するのですが、アクティブから発売されているタングステン製のボンバーヘッドTG200gをセット。

 

 

 

 

誰よりも速く着底させて、食い気の無い真鯛にスイッチを入れ、根魚をいっぱい釣ろうという欲張りな作戦です(笑)

 

 

開始早々にヒット!

 

 

ゴンゴン叩く良型の真鯛の引き。

 

 

しかし…、バレた。

 

 

普段はアワセを入れない派なんですが、先日観たTVの影響?なのかしっかり乗ったのを確認してから追いアワセしてしまいました…。掛かりどころが悪かったのかな?どちらが良いか僕には分かりません。

 

 

次のポイントでもヒット!

 

 

真鯛と思いきや、食べ頃サイズのチダイでした。

 

 

 

 

 


船長が「タングステンの200g使ってるのんやったら深いポイントに行くか?」と声を掛けてくれたので…、「ハイ!」と即答。

 

 

水深100mのポイントに移動。着底から5巻くらいで食べ頃サイズの真鯛がヒット!

 

 

 

 

 

 

何度か同じポイントに入り直していると、着底と同時?にヒット!

 

どんどんドラグを出されながらもあがってきたのは自己記録となる76cmのベッピンな真鯛でした。(普段は計測しないのですが公式記録?)

 

 

 

 

 

 

船長のデカウッカリとダブルヒット!

 


 

 

 

 

最後の浅めのポイントではアカハタを追加して楽しい時間の終了となりました。

 


 

 

 

 

この日は鉛のアクティブ・ボンバーヘッドも使いましたが、アタリがあったのはほとんどタングステンのアクティブ・ボンバーヘッドTGでした。

 

 

 

 

 


タングステンの長所でもあるフォールスピードの速さ!

 

 

個人的に大好きなゴールドのヘッドカラーが良かったのかな〜と感じた1日でした。アクティブ・ボンバーヘッドTGは130g、160g、200g、250gのラインナップ(各5色)があります。

 

 

 

 

 

尾鷲ではたくさんの魚種が遊んでくれます。皆さんも是非行って体感してみてください。

 

 


≪タックルデータ≫

ロッド:スロージャーカー 2oz(鯛ラバロッド)
リール:リョウガ バルケッタBB
ハンドル:アクティブ・ジガーアーム 60mm、70mm
ライン:PE 0.8号
リーダー:5号
ヘッド:アクティブ・ボンバーヘッドTG、ボンバーヘッド
ネクタイ:アクティブ・シリコンネクタイ(ストレート、カーリー)

 

 



アクティブ・ホームページへ


秋の池原ダムを満喫してきました!

こんにちは、安達群真です。10月20〜21日に奈良県・池原ダムまで行ってきました。

 

 

 

 

山間部だけあって朝の気温は7℃。水温も低いのかと思いましたが朝イチの水温は18.5℃高め。今回キーワードとして挙げたのが、

 

 

・ベイト

 

・流れ

 

・なだらかな岬orフラットの張り出し

 

 

この3つをしっかり押さえて秋の池原ダムに挑戦!

 

 


【DAY1】

 

向かった先は白川筋上流。池原ダム全体を見ても1番流れの当たるエリアへ。

 

流れはいつもより少ないが、ベイトが多い。シャローに投げると25cmにも満たないサイズがポロポロ釣れるような感じ。魚探で探っていると8〜10mベイトの群れを確認。

 

3.5gライトキャロのシューティングで狙うことに。ベイトにリンクしていると仮定し、シンカーを跳ねさせてスイッチを入れると一撃!

 

 

 

 

アベレージサイズでしたがよくエサを食べているプリプリの個体でした。ですが、それからは釣っても釣っても同サイズ...。突破口を見いだせないまま初日が終了。
 

 

 

【DAY2】

 

初日は白川筋がイマイチだったので朝イチは本流スタート。場所が変わっても狙う条件は同じ。

 

 

・ベイト

 

・流れ

 

・なだらかな岬orフラットの張り出し

 


椿島周辺の赤土岬へ。前日同様ライトキャロで8〜10mを探るとあっさりファーストフィッシュをキャッチ。そのエリアは10mのフラットに無数に木が立ち並んでいる。

 

 

そこに7gテキサスを投入!

 

 

タイトに打っていくと「ガツン!」というバイトがあり、フッキングをすると上がってきたのはこれまたアベレージサイズ。
 

 

 

 

やはり本流の方が流れがあり、イージーに釣れる。後はサイズを上げるのみ。思いつく限りの流れの当たるフラットをランガンすることに。地形の変化が激しいところは丁寧に攻めていきました。

ダムサイト周辺の湖流がダイレクトに当たり、岩盤のテーブルに立木が点在するエリアに入りました。そこではベイトが多く確認でき、最高のシチュエーション。

そこにアクティブ・DSトーナメント 1/11ozをセットしたダウンショットをキャスト。

 

 

 

 

テーブルを丁寧に攻めていた数投目バイト!

 

 

フッキングすると既に立木に巻かれている!

 

 

巻かれながらも走らすだけ走らせて、上を向いた瞬間一気に引きずり出す。かけた時は40cmほどかと思いましたが、ジャンプした時に顔合わせ。

 

 

50up!

 

 

池原ダムのデカバスの特徴で、ジャンプして顔を見た途端に走り出す。上がってきては下に突っ込まれるの繰り返し。沖に船を出し、冷静にやり取りをして楽々ランディング

 


 

 

池原のバスは下に下に引くので、冷静にやり取りをすればランディング出来るので極力冷静にやり取りしましょう

 

シンカーはアクティブ・DSトーナメントを使用していましたが、垂直岩盤とテーブルの変わり目がすぐに分かるほどの感度の良さ

 

じっくり狙うためにあえてRSトーナメントではなくDSトーナメントボトムにスタックさせて使いました。

 

 

すり抜けさせたいガレ場や立木ではRSトーナメント

 

 

 

 

フラットなどのスタックさせたいエリアではDSトーナメント

 

そのように使い分けています。

 


その後も本流筋、備後筋でアベレージサイズを数釣りビッグは1匹でしたが、シャローでもディープでも釣れ、楽しむことが出来ました。

これからの時期は寒くなり、シーズンオフに入る方も多いと思いますが、まだまだ激アツな池原ダム堪能して頂けたらいいなと思います。

ちなみに白川筋は流木が特に多いのでエンジンで走る時は十分気をつけて走行してください。

 

 

 

 

≪タックルデータ≫
ロッド:60-UL
リール:スピニングリール 2000番
ライン:フロロカーボン 3lb
シンカー:アクティブ・アクティブ・DSトーナメント供RSトーナメント
ルアー:リーチ系ワーム

 

 



アクティブ・ホームページへ


秋爆を求めて琵琶湖へ!

こんにちは、徳井裕也です。
久しぶりに弟と秋爆を求めて滋賀県・琵琶湖に行ってきました。


9月の台風以降、ウイードが少なくなった琵琶湖・南湖。朝イチは台風に耐えた元気な残りウイードを見つけ、1時間ほどやりましたが沈黙…。その後は大きく移動し、メジャーポイントの浚渫へ!

 

ストレートワームにアクティブ・MSトーナメント1/32ozをセットしてブレイクラインを狙っていくと約10mぐらいで待望のアタリがっ!

 

 

 

 

しかし思っていたよりもサイズが小さい…。まぁでも釣れたのでよし。

 

と、やり続けていき、浚渫の角にさしかかったところで、今度はストレートワームにアクティブ・RSトーナメント1/4ozをセットしたヘビーダウンショットに持ち替え、ブレイクの底をナメるようにアップダウンを繰り返してると、ワームをひったくるアタリがっ!

 

 

 

 

 

充分にラインを送り、思いっきりフッキング!

 

すぐにデカイと感じ、慎重に寄せて無事にネットイン。ジャスト50cmのナイスバス。

 

 

 

 

 

 

今年初となる50upをゲット!

 

 

「シンカーの感度抜群やなぁ〜〜〜♪」と、少し気を抜いていたところでのバイトだったのでビックリしました…笑。その後も同じ場所、同じタックルで連続バイト。弟とのダブルヒットもあり、船内爆釣モード。

 

 

 

 

が、しかし、そこから長い時間粘りましたがバイトが遠のき移動。夕方に帰着直前のラストポイントで弟が1匹追加して終了。

 

結果、秋爆とまではいきませんでしたが、そこそこに釣果で楽しい1日となりました。

 

 



アクティブ・ホームページへ


仕事終わりのアフターファイブに野池へ出撃!

こんにちは、梅田です。

晩夏の雨上がり、仕事終わりに野池へ出撃してきました。

 

フィールドに着くなりインレット付近から微かに聞こえる流れの音。今日は釣れる!と期待しながらそのポイントへ。

 

まずは1投目、流れの中へチャターベイトを早巻きし、いきなりナイスサイズゲット!

 

 

 

 

しかし釣ったバスのファイトで場が荒れたのかチャターベイトに反応があったのは最初だけ。


次にフォローでアクティブ・MSトーナメント1/16ozをセットしたロングワームのネコリグを流れに乗せて、ボトムをとりながらドリフト。

 

 

 

 

すると「コッ!」と押さえ込むアタリを感じてフッキング!

 

少し痩せていたが良型をゲット!

 

 

 


さすがにそれ以降アタリが遠く、インレットのカレントがかすかに当たるオーバーハングへ今度はノーシンカーのロングワームワッキーをスローフォールさせるとラインが走りだしフッキング!

 

 

 

 

浅場を横方向に泳ぎ、暴れる強烈な引きに耐え50cm弱のナイスサイズをゲット!

 

アフターファイブのほいちょいフィッシングですが、良型数匹に遊んでもらえてラッキーでした♪

 

 



アクティブ・ホームページへ


チャプター兵庫・第4戦「アクティブCUP」に参戦!

皆さんこんにちは!松村です。

今回は10月7日(日)に兵庫県・東条湖で開催されたNBCチャプター兵庫・第4戦「アクティブCUP」に参戦してきました。

 

本来この大会は7月の予定でしたが、台風の接近により延期になったため、この時期の開催となりました。

 

私はプラクティスなしのぶっつけ本番で参加することになりましたが、過去のデータを元に思い出巡りしつつ、魚探の映像を睨みながらバスを探しました。

 

 

スタートはファーストフライトと絶好のスタート順。

 

まずはバックウォーターを目指し、ボートを進めました。

 

 

最上流に到着し、水中を観察すると大きな岩に推定50cmはあろうかというグッドサイズのバスが付いていました。すぐにストレートワームにアクティブ・MSトーナメント1/96ozを挿入したネコリグをキャスト。

 

 

 

 

1/96ozというウエイトはほんの僅か沈めたい、ゆっくり沈めてバスにじっくりアピールしたい時に最適なウエイトで、私は特にサイトフィッシングで多用します。

 

バスの目の前にキャストが決まり、ゆっくりとワームをフォールさせるとバスが大きく口を開け、ワームをくわえる瞬間が見えたのでフッキング!

 

 

しかし!

 

ここでまさかのすっぽ抜け…。

 

すぐにバスは消えていきました…。

 

 

上流エリアではバスを確認出来るものの、全くやる気のないバスばかり。エリアを大きく移動して秋の定番エリアである本湖へ向かいました。

 

新製品のアクティブ・DSトーナメントアクティブ・MSトーナメントを使ったライトリグで、シャローからディープまで広範囲に散らばっているバスを探しましたが一向にバスからの反応はありません。

 

 

 

 

さらにスピーディーに探るため、アクティブ・CSトーナメントにシャッドをセットしたキャロシャッドを投入。キャスト後、しっかりと底を取ってトゥイッチとストップを繰り返します。

 

 

 

 

そして水天宮岬の8mラインで微かなバイトを感じたのでフッキング!

 

慎重にやり取りしてネットイン成功!

 

 

アクティブ・フィッシュスケール1kgで計ると500g超えのナイスキーパーでした。その後もキャロシャッドでバスを探しましたが、追加することが出来ずにタイムアップ。

 

 

 

 

帰着し、検量では1本・535gをウェイイン。

 

 

結果は7位で終了となりました。

 

 

今大会は27名の選手が参加し、そのうち16名の選手がバスを持ち込み、表彰式では年間表彰もあり、大いに盛り上がりました。  

 

 

 

 

来シーズンも「アクティブCUP」のご参加を宜しくお願い致します!

 

 



アクティブ・ホームページへ


アクティブシンカーを駆使して秋を感じる琵琶湖を攻略♪

皆さんこんにちは!松村です。

9月某日、久しぶりに滋賀県・琵琶湖へ行ってきました。

 

釣行時の琵琶湖の状態は、猛威を振るった台風の影響が酷く、南湖についてはバスクリン(緑色)状態…。また攻略のキーとなるウイードもかなり減少し、厳しそうな状態であることは容易に判断できました。

 

さらに北湖についても、いつものクリアな水質とは違い若干の濁りが入っていました。

 

 

【 Day 1 】

 

早々とランチングを済ませ、スタートフィッシング。少しでも水質の良いポイントを求め、この日はまず北湖・沖ノ島周辺へとバウを向けました。

 

 

 

 

この日は土曜日ということもあり、沖ノ島周辺には多くのボートが浮いていました。狙っていた漁礁には既に先行者がいましたので、島の南西側の岩エリアからスタート。

 

ポイントでは所々にアユボールが現れ、それを狙うバスのボイルが多数発生し、いかにも釣れそうな雰囲気が出ていました。

 

まずは広範囲を探るため、チャターベイトをセットしてキャスト開始。すると早速バックシートで「来ました!」との声。幸先よく40cm後半の北湖の魚らしい体高のあるバスをキャッチ。

 

そして私はストレートワームにアクティブ・MSトーナメント1/32ozをセットしたネコリグに持ち替えて大きな岩とブレイクが絡むポイントへキャスト。

 

 

 

 

ゆっくりフォールさせていくと「ゴンッ!」 としっかりしたバイトを感じてフッキング!

 

強烈なファイトでしたが慎重にやり取りして無事にネットイン成功!

 

計測の結果、この日最大となる54.5cmのグッドサイズを幸先よくキャッチすることが出来ました♪

 

本当に琵琶湖のバスの強烈なファイトは最高です♪

 

 

 

 

その後、同エリアではバイトが少なくなったため大きく移動し、南湖の様子を見に行きましたが、この日の南湖は本当に水質が悪くダメだと判断。再び北湖へ戻りアベレージサイズをキャッチし、翌日に備えて1日目は早めにストップフィッシングとしました。

 

 

【 Day 2 】

 

前日同様、この日も天気は曇り。バスフィッシングには最適と言える気候。早朝から前日にグッドサイズをキャッチした北湖・沖ノ島へボートを走らせました。

 

この日はかなり早めにスタートしたおかげで、狙っていた漁礁にすんなり入ることが出来ました。

 

するとグッドサイズとはいかないまでも、アクティブ・DSトーナメントアクティブ・MSトーナメントを駆使したライトリグで40cmまでのバスが入れ食い状態♪

 

 

 

 

北湖のバスの素晴らしいファイトで十分堪能することができ、同船者達も満足の様子。

 

数釣りを楽しんだところでグッドサイズを狙いに、南湖の様子を確認しに向かいました。 友人から北山田周辺が良いとの情報を得ていたので沖ノ島からロングラン。

 

ポイントに到着し魚探を駆使して良さそうなウイードを探し、ここというポイントでアクティブ・RSトーナメント1/2ozに7インチのストレートワームをセットしたパンチショットリグをキャスト。

 

 

ウイードの変化を感じながらショートピッチで探っていくと「ドンッ!」と大きなバイトがあり渾身のフッキング!

 

 

 

 

50cmには届かなかったものの、ウィードの中からグッドサイズを引きずり出すことに成功しました!

 

 

アクティブ・RSトーナメントはそのシルエットからすり抜け抜群で、濃いウィードでも根掛かり知らず。ストレスを感じさせてくれません。

 

 

 

 

その後も南湖の各所を回ってパンチショットリグやアクティブ・BSトーナメントを使ったテキサスリグ等でグッドサイズを追加。

 

 

 

 

 

最後は再び北湖・沖ノ島周辺へ戻ってライトリグを使って数釣りを楽しみ、結果3人で50本超!

 

 

 

 

素晴らしい釣果となりました。

 

 

 

≪タックルデータ(パンチショットリグ用)≫

アクティブ・RSトーナメント

 

≪タックルデータ(テキサスリグ用)≫

アクティブ・BSトーナメント

 

≪タックルデータ(ネコリグ用)≫

アクティブ・MSトーナメント

 

≪タックルデータ(ダウンショットリグ用)≫

アクティブ・DSトーナメント

 

 



アクティブ・ホームページへ


JB凝貍鮓弌β3戦 準優勝♪

皆さんこんにちは、松村です。

9月2日(日)に兵庫県・東条湖で開催されたJBII東条湖シリーズ第3戦に参戦してきました。

 

第2戦までを終了して年間総合10位という位置につけていましたが、目標である年間3連覇を達成するにはかなり厳しい状況…。それでも僅かな望みにかけ、今大会に挑みました。

 

 

今回プラクティスは4日間。

 

 

クランクベイトで広範囲に散っているバスをスピーディーに探し、また、ココというポイントでは新製品のアクティブ・DSトーナメントを使ったダウンショットや定番のアクティブ・MSトーナメントをセットしたネコリグなどでピンスポットを攻略し、バスの居場所を探すといった作業を行いました。

 

 

 

 

アクティブ・DSトーナメントについては本当に感度抜群で、新たに1/32oz1/20ozがラインナップされ、細かなウエイト調整が可能となりました。

 

 

 

 

4日間のプラクティスを行った結果、サイズは選べないものの確実にバスをキャッチするポイントを絞る事ができ、良いイメージでプラクティスを終えました。

 

 

【大会当日】

 

天候は曇り。抽選の結果、スタートは2番目ということで、機動力を活かしてどこでも好きなポイントに入れると確信しました。

 

 

 

 

まずは東条湖の中でもビッグバス出現率ナンバーワンの一級ポイントであり、また私の最も得意とするポイント「導水管」へ向かうことに。

 

プラクティスでもグッドサイズをキャッチすることが出来ていたため、タイミング次第ではこのポイントも候補の一つとなっていました。

 

「導水管」からは大量の水が放出されており、いかにも釣れそうな雰囲気。

 

クランクベイトで様子を探るも釣れるバスは25cmに満たないノンキーパーばかり…。さらにノンキーパーを立て続けにキャッチしたところでバックシートのパートナーが、「来ました〜!」と叫びました。

 

 

慎重にやり取りした後、ネットインに成功!

 

アクティブ・フィッシュスケール2kgで計ると1,500gのキッカーフィッシュ!

 

 

パートナーにリグを聞くと「ダウンショットです。もちろんアクティブ・DSトーナメントっす!」と返事が返ってきました。その後もパートナーとともにノンキーパーを釣り続け、やっと私のクランクベイトにもキーパーがヒット!

 

結局この日は丸一日「導水管」で粘り、2本・1,705gでウェイインとなりました。

 

 

 

 

表彰式では惜しくも準優勝という結果でコール。

 

 

 

 

年間表彰では4位という結果となり、JB凝貍鮓丱轡蝓璽3連覇とはなりませんでしたが、再び「ゼッケン1番」のワッペンを付けられるように頑張りたいと思います!

 

 

 

 

 

≪タックルデータ(ダウンショット用)≫

アクティブ・DSトーナメント

 

≪タックルデータ(ネコリグ用)≫

アクティブ・MSトーナメント

 

その他:アクティブ・フィッシュスケール

 

 



アクティブ・ホームページへ


チャプター北兵庫・第5戦でレベルアップ!

こんにちは、ミラクル谷田です。

兵庫県・生野銀山湖で開催されたNBCチャプター北兵庫・第5戦に参戦してきました。

 

雨模様の前プラから入り、7mのディープで釣れれば400gのナイスサイズ。

 


 

 

しかも簡単に口を使う。と、中々良い手応えで試合に臨みました。
 
 
【 平成30年9月9日(日)雨のち豪雨 】
 
朝から雨模様で始まった試合。フライトは真ん中あたりでしたが、とりあえず前日に反応の良かったインターセクションを目指します。
 
難なく目当てのラインに入り、予定していた7mのディープエリアで釣り開始。アクティブ・RSトーナメント1/16ozのダウンショットで丁寧に探りますが、反応が悪く、全くバイトがありません。

 


 
 

自分の釣りを信じて、ひたすらディープを探りましたが、このエリアからバイトを得ることはできませんでした。
 

 

降り続いている雨の影響で、魚の付き場が変わった??

 

 
時々、巻物も試しましたが、前日同様無反応。気になるエリアを回るもバイトが無い時間が続きます。

 

選手が多くなり、入りたい場所がなくなったので、移動を決意。ふと気になる岩盤エリアに吸い込まれるように入り、アクティブ・MSトーナメント1/11ozを挿したベイトネコを投じた2投目!

 

重たくなるようなバイトを感じてフッキングするとジワジワとロッドを絞り込み、一気に沖に向かって走り出しました。

 

慌ててクラッチを切り、魚の突進に耐えます。なかなか止まらない魚を操船で追従しながら耐え続けます。落ち着きながらゆっくりと寄せてくると、今度は岸に向かって走り出しました。

 


ヤバい!!

 

 
水中に立木があるのを知っていたため、ロッドを立てて魚を強引に浮かせます。すると、大きな巨体が水面を割って飛び出してきました。

 

 

デカイ!!

 

 

回りの選手から「ごっついな〜!!」の声が。潜られないように何とか寄せてきましたが、モンスターはなかなか観念しません。再び掛けたエリアに舞い戻ってきた魚影を見ると、真っ黒な背中に真っ白な腹。
 


マジでデカイぞ! モンスター60か???

 

 
すると、浮きゴミにラインが絡まったのを嫌がり、首を振るバス。
 


そ、そして、な、なんと、フックオフ (T-T*)

 

 

…。

 

 

 

…マジか、、、。

 

 


テンションが無くなったラインを回収してみると、フックが伸ばされてました。その後このエリアで少し様子を見ましたが、バイトを得ることはありませんでした。
 


「 今日は持ってないなぁ〜〜〜。」と思いながら場所移動。移動途中に魚のボイルを発見し、そのエリアで色々と試してみるもボイルの魚は直ぐにルアーを見切ってしまいます。

 

ここからは小移動を繰り返しながら、海釣りのイメージでダウンショットを中層スイミングさせてみることに。
 

 

すると、今までの遠いかったバイトが嘘のように連続バイト!

 

 
初めの魚は600g!

 

 

続いて500g!

 

 

ラインブレイクやバラシなどを繰り返したけど、何とか絞り出した300g!
 

 

あれよ、あれよという間にリミットメイク達成!
 

 

そして楽しい時間はすぐに過ぎるもので、気が付くと帰着時間。この日は7バイト・3フィッシュと悔しい結果でしたが、

 

 


 

 


3本・1,404g。何とか3位入賞です。

 

 


 

 
そして何より苦手だった中層の釣りも何となく感覚がつかめるようになりました。バラシた魚の悔しさはありますが、苦手な釣りのステップアップが出来たので良しとします。
 
魚を連れてきてくれたアクティブ・RSトーナメントに感謝です。

 

 



アクティブ・ホームページへ


アクティブ・RSトーナメントで5位!

こんにちは、梅田です。

NBCチャプター兵庫・第5戦に参戦してきました。


晩夏に差し掛かる時期で、ここ数年では水位が1番下がった兵庫県・東条湖。1週間前に数日間降った雨の影響が残り、珍しく本湖全体にも濁りが残り、少しずつ水位が増していました。

 

前日プラクティスでは、前評判通り巻物でも簡単にポロポロ釣れてしまう状況。特にインレット付近は魚が集まっている感じでした。


また、そろそろサマーディープパターンもあるだろうと広範囲・水深を確認して大会本番に備えました。

 

 

そして大会当日、第2フライトとなり、先行者の大半は上流を目指しており、最上流部インレットはパスして中流域の大型インレット導水管(放水口)を目指しました。

 

 

 

 

先行者が居たものの快くポイントをシェアさせていただき釣り開始。その1投目、1ozスピナーベイトを流れの当たる岩盤に擦り付けるように引いていると、いきなりバイト!

 

 

幸先良く良型をゲット!

 

 

滝になった導水管インレット周りに張り付き、スピナべ、スイムベイト、ジャークベイト、ブレードジグなどをローテーションしてひたすらバイトを待ちました。

 

しかし、強すぎる流れに魚が上手くフィーディングできず、バラシやショートバイトに苦戦。ようやくスイムベイトを喰ったと思ってネットに収まったのはルアー丸飲みの巨大ナマズ…、なんか疲れただけ(笑)

 

なかなか2匹目が遠く、ややリアクションぎみの強い釣りからライトリグにシフトチェンジ。


アクティブ・RSトーナメント1/8ozにストレートワームをセットしたワッキーダウンショットを流れに乗せてドリフトさせたり、滝壺にある岩にステイさせたりしてバイトを待ちました。

 

すると小さいアタリが出だし、ハスやノンキーがポロポロ。そしてようやくマシなアタリがあり、正午前にようやく2匹目となるキーパーサイズをゲット!

 

 

そして滝の落ち込みで強烈なバイト!

 

 

ライトラインだったので慎重にやり取り。何回ものされながらもようやく揚げたのは、またもや巨大ナマズ…、えぇ加減にしろ!(怒)

 

その後は何も起こらず、時間だけが過ぎ、帰着へ向かいました。

 

 

 

 

 

以外とタフな状況だったようで、2本・1,170gで何とかお立ち台滑り込みの5位入賞でした。
 

 

 

 

 

※この日の正解は最上流部のようでした。

 

 

 

≪メインタックル(その1)≫
ロッド:B70-MH 自作フルカスタム
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 16lb
ルアー:スピナーベイト 1oz

 

≪メインタックル(その2)≫
ロッド:S64-UL 自作フルカスタム
リール:スピニングリール 2500番
ライン:フロロカーボン 3lb
フック:マス針
シンカー:アクティブ・RSトーナメント 1/8oz
ルアー:ストレートワーム

 

 



アクティブ・ホームページへ


淀川で人生初のボートフィッシング!

こんにちは、谷口です。

大阪府・淀川でボートフィッシングを楽しんできました!

 

ボートからは初めての淀川釣行という事で友人に情報を教えて貰いながらワクワク気分で準備をし、友人のボートに同船させて頂いてスタート!

 

 

まずはスロープ近くの橋脚から。

 

 

沈み物がたくさんあるとの事だったので、すり抜け抜群のアクティブ・RSトーナメントを使用したダウンショットをチョイス。橋脚へタイトにフォールさせるも前日の雨の影響で、普段より流れが早くて一瞬で下流へ流されてしまいます(汗)

 

シンカーを1/11ozから3/16ozに変えて、流れのヨレのあるポイントへキャストしていきましたが、残念ながらこのポイントは不発。

 

当日の川の流れの強さからライトリグは扱い難いと判断し、クランクベイトやスピナーベイトの巻物でサーチしながら上流へポイント移動しました。

 

 

そして中洲になっているポイントで友人のクランクに遂にヒット! …が、ボート際で痛恨のフックオフ(泣)

 

 

しかしこのポイントはベイトも多く、反転流もあり期待大。

 

 

巻物、ジグ、表層系といつ出てもおかしくない状況でしたが、何故かバスからの反応を得られず、仕方なく大きくポイントを移動し下流域へ。

 

ここで狙うポイントは杭やテトラのマンメイドストラクチャー。そしてその狙いが的中してスピナーベイトが沈黙を破ってくれました!

 

 

 

 

 

1時間の間に40アップ、50アップ、40アップとナイスバスを3本!

 

 

 

 

 

 

特に50アップはテトラの影からスピナーベイトをひったくるようなバイトで、川バスらしい強烈な引きを楽しませてくれました。

 

 

 

 

 

 

ウエイトもアクティブ・フィッシュスケール2kg “カシャーン” と振り切る 2kgオーバー で大満足の釣行になりました。

 

 



アクティブ・ホームページへ


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode