MSトーナメントで異次元の釣果!

こんにちは、ミラクル谷田です。

NBCチャプター北兵庫・第5戦に参戦してきました。

 

前プラの内容からインターセクション周辺に魚が多くいると感じたため、ディープの釣りをメインに組み立て、試合を迎えました。

 

残念なことにフライトに恵まれず、大半の選手が上流に行くのを見届け、取りあえず中之島周辺で様子を見ることにしました。

 

 

しかし中之島はプランに入れてなかったため、やはり反応はありません。

 

 

そのままゆっくりと釣り上がりましたが、魚からの反応はないまま本日メインエリアとなった出会橋インターセクションまで上がってきました。

 

 

このエリアにいる選手は、皆さんディープフラットを狙っています。

 

 

自分も他の選手同様にディープの釣りを予定していましたが、狙っているエリアには先行者がいて、入れそうにありません。

 

 

エリアを見渡すと、岩盤エリアは誰も居ません。

 

 

ここは前プラでキッカーを複数匹確認していたエリア。他の選手と同じフラットの釣りをしても、200g×3本=600gとウエイトが普通のため、思考を変えて岩盤エリアで様子を見ます。

 

手始めにアクティブ・MSトーナメント1/8ozをセットした6インチワームにアクティブ・WTトーナメントでワームとフックポイントを固定したリグでアプローチ!

 

 

 

 

 

そして、ここから始まった異次元の釣り!

 

 

 

岩盤際にリグを投入。リアクション狙いでストン、ストンと早めに落としていきます。すると、ラインがバイトを捉えました!

 

ボートの下に走る魚を巻きアワセでフッキングに持ち込み、その後に追いアワセ。大きく弧を描くロッド、瞬時にデカイとを解る手応え。

 

 

あせる気持ちを抑えて、バスを沖に誘導します。

 

 

激しく抵抗するバスにクラッチを切りながら応戦。観念してあがってきたのは、1,400gのスーパーキッカーサイズでした!

 

続いて同じ場所にアプローチを開始した2投目。先ほどと同様にラインでバイトを捉えました。すぐさま巻きアワセし、立木に巻かれないよう慎重に沖に誘導します。

 

これもナイスサイズで、中々上がってきません。クラッチを切りながら応戦し、ネットに収めたバスは1,000g超えの、これまたスーパーキッカーサイズ!

 

あれまあれまと2,000gを軽く超えてしまいました。これで優勝が見えてきましたが、どうせならリミットを揃えてカッコ良く。これに満足せずにさらに上を目指します。

 

 

しばらく沈黙が続きましたが、さらにこのエリア周辺を丹念に探り、540gを追加して3,000g超え!

 

 

反応が悪くなってきたので、今度はカバー打ちをしてみると、答えはすぐに返ってきました。

 

得意のアクティブ・MSトーナメント1/32ozを挿入したスモラバをカバー直下でアプローチ。明確なバイトを捉えて、間髪入れずにフッキング!

 

 

カバーから引きずり出したのは、キッカーサイズの550g!

 

 

先に釣った540gを参加選手の前でリリースするという、銀山湖では未だかつてない体験をすることに。これで10gの入れ替えに成功!

 

その後、ダウンショット、ジグのスイミング、チャターベイトと一通り流し、「これ以上の高みは望めないか?」と思っていましたが、今日はまだまだ、続きがありました。

 

チャターが根掛かりしたため回収に向かうと、目の前に55cmはゆうに超えてるであろうバスが浮いているのを見つけました。まずは慎重にルアーを回収して、どう仕留めるかを考えます。このバスは何度もルアーを通したのに見向きもしなかったようです。

 

タックルを眺めて、通していないルアーの、クランクベイトを選択。慎重にアプローチをしてキャストもバッチリ決まり、目の前にルアーを通すと、、、

 

 

何度もいろんなルアーを通したのに見向きもしなかったバスが、突然振り向きざまにバックリとバイト!

 

 

フッキングを入れて、バスの口元を見ると、ルアーが唇に微かにかかっているだけ。すると少しの重みを感じた後に、首を振ったバスからルアーが弾かれてしまいました。

 

 

…。

 

 

そして、本日1番のバスは無情にもゆっくりと姿を消していきました…。

 

 

…。

 

 

最後のミスが悔やまれる試合となりましたが、3本・3,090g。

 

 

 

 

ブッチギリで優勝することが出来ました!

 

 

 

 

今回活躍したのはアクティブ・MSトーナメント1/8ozと1/32oz。スモラバではカバーを貫通させるため、ウエイトによって調整しています。

 

 

 

 

今回も色々使えるアクティブ・MSトーナメントが大活躍してくれました。

 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター兵庫・第6戦で5位入賞!

こんにちは、大原です。

先日、NBCチャプター兵庫・第6戦に参戦してきました。

 

プラにはオフリミット解除の月曜日と土曜日の2日間入り、全湖をチェックして良い感じで終わりました。

 

 

大会当日は、プラで良かった場所をランガンすると決めていたので、上流へ。

 

 

プラで良かったポイントには入れたのですが、ノンキーしか釣れず…。上流を見切り、プラで見つけていた本湖の浮き物パターンへ。


赤坂桟橋が空いていたので入るも、魚はいるのですがタイミングが悪かったのか口を使ってくれず、別の浮き物へ。本湖の浮き物は人気が高く、常に誰かがいる状態。

 

 

先行者がいたのですが、退いたタイミングで姫白鳥へ。

 


アクティブ・RSトーナメント1/16ozをセットしたダウンショットをボトムまでフォールさせ、ピックアップしようとしたら魚の感触がっ!

 

 

 

 

慎重にやりとりして、あがってきたのはナイスなバスでした。それから別の浮き物をランガンするもタイムアップ。

 

 

 

 

 

1匹でしたが、5位入賞する事が出来ました!

 

 

あと、ディープで釣れる魚も増えてくるシーズンになってきました。

 

 

 

 

魚のためにもアクティブ・エア抜き針は必携ですよー!

 

 



アクティブ・ホームページへ


アクティブ・RSトーナメントが活躍!

こんにちは、梅田です。

NBCチャプター兵庫・第5戦に参戦してきました。会場はいつもの兵庫県・東条湖。

 

前日プラクティスでは、アクティブ・RSトーナメント1/11ozに3インチストレートワーム(グリパン)をセットしたワッキーDSをメインにシャローを攻めればキーパーサイズがポロポロ釣れ、デカイのはバックウォーターか本湖マンメイド(浮き物)にいることを確認できました。

 

 

迎えた大会当日、フライトはケツから2番目。仕方なく先行者のいない本湖の張り出した岬へ向かいました。

 

 

前日に反応の良かったDSシステムを投じて岬の周辺をダウンヒルに探っていきました。早い段階でキーパーを揃えるつもりが、全く反応がない…(汗)

 

 

さすがはタフレイク!そう簡単に前日の再現とはいかない。

 

 

アオコ混じりの悪い水質だったので、ライトリグにアピール感をプラスしようとワームを少し長くてファットな3.5インチのミミズカラーにチェンジ。そして風が吹き始めたタイミングでブレイク下水深6m付近で待望のアタリが!

 

 

まずは推定600gをゲット!しかし後が続かずダムサイトの岩盤へ移動。

 

 

例年よく釣れるポイントに入ったがアタリすらない。仕方なくダムサイトのブイを巻物で流し、折り返した時に小さなブルーギルが確認でき、その下の水深3m前後をDSのスイミングで通すとバイトがありキーパーサイズをゲット。


それから上流へ向かいながら要所要所を打っていくも3本目が遠く、他の選手の動きから推測して朝イチからかなりのプレッシャーにやられているであろうバックウォーターへ移動し、勝負に出ました。

 

ガラ空き状態のそのエリアに差し掛かった時、数匹の黒い魚体が流れてきた草木の浮きゴミ下に入るのが見えました。

 

そこで、アクティブ・MSトーナメント1/32ozをベリー部へインサートした4インチシャッドテールを浮きゴミ上やその際へ通して隠れたバスを誘いましたが反応なし。

 

さらに侵入ギリギリの最奥までボートを進ませ、時にオイカワらしきベイトがエレキの水流で散った瞬間バス達の捕食スイッチが入り、ワームを喰っていたのだが、底にヒットしそうなエレキを片手で引き上げてたタイミングで両手がクロスしておりフッキングがしっかり決まらず、目の前で50アップがフックアウト…(T0T)

 

その後も帰着時間ギリギリまで上流部で粘りましたが何も起こらずタイムアップ。

 

 

 

 

そして表彰式。

 

状況は予想以上にタフだったようで、結果的に4位となり、年間賞レースを見据えて最低条件としていたお立ち台に上がれました。

 

 

 

 

なかなか厳しい状況でしたが、前日の当たりリグのアクティブ・RSトーナメントをセットしたダウンショットが大活躍してくれました!

 

 

≪タックルデータ(ネコリグ用)≫
ロッド:S64-UL(自作フルカスタム)
リール:スピニング 2500番
ライン:フロロカーボン 3lb
フック:マス針
シンカー:アクティブ・RSトーナメント 1/11oz
ルアー:3インチストレートワーム

 

 



アクティブ・ホームページへ


超人気の奈良県・津風呂湖の凄さ!

皆さん、良い釣りしてますか?キンプロこと山田です。


早いものでトーナメントも終盤。ここまで投稿できなかったのは、不甲斐ない成績ばかりで落ち込んでいました。

 

 

プラクティスは完璧なんですがね…。

 

 

本番ではどうも噛み合いません。今もゼロ申告更新中です(自慢することではないですが…)。でも釣ってないわけではないんです。冒頭にも書きましたがプラは完璧なんです。

 

釣れるエリア、釣り方、すべてこれだ!と思う内容。エリアのポテンシャルを計る意味で釣ってみると、あっさり50アップが釣れる状況です!

 

 

 

 

なのに、なのに、試合当日は一変。反応が良かったエリアに入るも魚からの反応はゼロ。また他の選手とバッティングして後手後手。アタフタしてタイムアップ。

 

 

釣り人生、こんな事は多々あるでしょう。次、、、次は頑張ります!

 

 

さて今回は関西で超人気になっている奈良県・津風呂湖の凄さを紹介したいと思います。

 

時期は夏後半の9月頭。まだま暑い日が続いていましたが、そろそろ秋の定番ポイント(津風呂湖中流域、屋敷跡)にデカバスが入ってくるのでは?とリサーチしました。

 

 

投げるルアーは、津風呂湖定番のテキサスリグ。

 

 

使うシンカーはもちろんアクティブ・BSトーナメント7g。

 

 

ワームは8インチストレートワームです。

 

 

水深10mにある石積みを舐めるようにルアーを通すと、シンカーから水中の地形が手に取るように見えない起伏をアングラーに教えてくれます。

 

 

この岩を抜けるとアタリが!ってイメージした瞬間、その通りにバスからの反応が!

 

 

サイズはそこそこでも津風呂湖バスは体高があり、半端ない引きをします。それでもラインが16lbですと、少々の無理も大丈夫。2、3回突っ込まれてもいなして津風呂湖バスのランカーを手にすることができました。

 

 

 

 

夏後半の釣行日は、この釣りがはまり、ワンキャスト・ワンフィッシュという上出来の釣行でした。

 

このようにプライベートやプラクティスは快調なんです。自信を持って本戦に臨むのですが、どうしたことか噛み合わずノーフィッシュ。プラ王真っしぐら。

 

今年のトーナメントの残りわずか。いい報告ができるように再スタートします。ご声援の程、よろしくお願いします。

 

 



アクティブ・ホームページへ


大人の秋の遠足! 鳥取爆釣れ編

アクティブソルトスタッフ村上です!

 

「…探さない、待つの

 

今回は待つタイプの釣りです。

 

完全に秋になり、各地で色々な釣果情報が入る中、やはりアジの人なんでアジが釣れてると聞くと行きたくなります。

そんな時に古くからの知り合いの島田さんが、鳥取で遊漁船を開業したとの事で調査して来ました!

 

『SEA SOUND』

http://seasound8.com/

TEL:080-1922-0034

 

数年振りの再会に、昔話しに花が咲きながらの、お気軽釣行♡

友人5名でのエントリーですが、アコウ初体験の方もおられますので…

当日は中潮ですが、鳥取でのボートアジングは初めてなので、どんな動きをするかは船長まかせです。

 

まずは、アジングの前にアコウを狩りに。

 

水深6m〜28mと急激に変化する場所でのエントリーとなります。

アクティブBAKUGAN30gでスタート。

当初の不安をかき消すような、素直なアコウちゃん達入れパク状態!

 

落としてボトムでチョンチョン、ステイで「ガツ」!

 

 

 

 

理想的な食い方です。

 

資源保護の為にも、30cm以下はオールリリース。

フォルムの大きいBAKUGANの場合は、比較的に小さいサイズは掛からない感じでした。途中に嬉しい外道のヒラメも釣れて、なんだか満足感すら漂いますがこれからが本場!

 

いつしか日も傾き、アジングポイントに移動。

 

ここは、水深17mのフラット。

 

船の灯りをつけてアジが回遊して来るのを待つ釣りです。

まずはアミがよって来て、次にシラス、そしてアジが来るのを「…探さない、待つの♡」

って事で待つ事20分!

 

魚探に反対が出て来ます。

ボトム付近にアジの反応が…

すぐにライトバチコン (私は大阪湾でのボートアジングで使用しているスタイルをそのまま持ち込みました。親子スイベルを使用し、シンカーまでの距離を15cmにして、シンカーは7g、エダスの距離は30cmとり、その先に0.3gのジグヘッドを装着、ワームは勿論ピンテールシャッド2)を投入。

 

ボトムに着いてからチョンと跳ね上げ、そのままステイすると「ムッ」と抑え込むアタリに反射的にアワセます。

心地よい引きを堪能し上がって来たのは、27cmの中アジGET(・ω・)ノ

 

『おったな!』

 

 

 

 

そこから連発!

 

 

 

 

尺オーバー乱舞、途中からシラスを食い表層付近まで上がって来ます。

ジグヘッド単体でOKな状態に。

 

HITワームは、アクティブ ピンテールシャッド2クリアー

 

たぶん、シラスに近いカラーサイズだからかと思います。

 

終わってみたら80匹オーバー。

 

サイズもアベレージが28cmと、十分に楽しめるサイズでした。

 

40cmオーバーまで出るらしいですが、前日までのババ荒れのせいなのか今回はオアズケでした。

十分な情報を収集したので、次回はベストなタックルで挑めると思います。

楽しみは、次回に取っておきます…

 

もしアジングはじめるなら今がチャンスですよ!

 

勿論、大阪湾もかなり釣れ初めていますからね〜

 

大阪湾でのボートアジングでもライトバチコンが出来ます。

 

一度、お試し下さい。

 

≪タックルデータ≫

アジング用(ライト・バチコン)

ロッド:LEGAME X-ARMATURA 弧丞

リール:シマノ・ストラディック1000S

交換ハンドル:アクティブ・カーボンノブ 

ライン:バリバス・アバニ ライトゲーム PE0.25

ワーム:アクティブ・ピンテールシャッド スリム&点発光(ピンク・クリアー・ブルー)

シンカー:アクティブ・リザーバーシンカー 7g

ジグヘッド:アクティブ・GAMヘッド 0.3g

 

アコウ用

ロッド:LEGAME X-ARMATURA 烈煌

リール:シマノ・ストラディック1000S

交換ハンドル:アクティブ・カーボンノブ

ライン:バリバス・アバニ ライトゲーム PE0.4

ルアー:アクティブ・BAKUGAN 30g

 



アクティブ・ホームページへ

 


NBCチャプター池原・第4戦で優勝!

こんにちは、森本です。 

8月20日(日)にNBCチャプター池原・第4戦に参加してきました。  
        
朝からボート昇降場で仲間達と楽しい会話をしながらボートを準備。それから会場までボートを走らせ、タックルチェック等を済ませて朝のミーティング、ルール説明、そしてスタートです。 

 

フライトは丁度真ん中あたりだったので、会場に近くて気になる所から釣り上がっていき、選手達のボートポジションを確認しながら、魚のレンジを探り、白川筋上流を目指して釣り上がっていきました。 

 

ダウンショット(アクティブ・RSトーナメント1/11oz使用)のリーダーは40cmぐらいと少し長めにして、岬廻りからチェック。深い方へと探っていきましたが、なかなかアタリが捕れず、時間だけが経過していきました。 

 

 

そして移動。

 

 

深い所に魚がいるのかもしれないと思い、通称・ムツオ岬と呼ばれるポイントが空いている状態だったので、 すぐに止まって釣り始めました。

 

岬側にはキャストせず、沖側に向かってキャストしてアップヒルに引いてきました。 

 

ダウンショット(アクティブ・RSトーナメント1/11oz使用)でリーダーの長さ分だけ上げたり下げたりして、時間をかけながら何度かキャストすると、フッと重くなりました。

 

 

待望のヒットです!

 

 

沖へ誘導し、何度も潜られながらなんとかネットイン。アクティブ・フィッシュスケール1kgで測ると振り切れました。

 

 

ナイスなサイズ !

 

 

12m〜15mとかなり深い所でのヒットだったので、アクティブ・エア抜き針でエア抜きしてライブウェルへ。今日はディープ狙いに切り替えることにしました。 それからしばらくして明らかなアタリがあり、2本目までが長く感じたけどgoodサイズ!   

 

11時頃までネバりましたが、あと1本が取れなくて、移動を余儀なくされました。 

 

前鬼筋入口の前鬼橋の橋脚の左側でキーパーを取れれば上流に上がっていく予定でしたが、昼頃になると風はあるのですが日差しがきつく、釣りをするのがなかなか大変な状況でした。  

 

前鬼筋入口付近で風に流されながらダウンショット(アクティブ・RSトーナメント1/11oz使用)を橋脚の根本にゆっくりとフォールさせて、12〜15mぐらい沈んだところでアタリがあったのでフッキング!

 

橋脚に擦られないように沖に誘導し、時間をかけながら慎重に!と自分に言い聞かせながら、やっと3本目。そしてリミットメイク達成!

 

 

3kgは超えたかな?って感じでした。

 

 

しかしこのフィールドは4kg超、6kg超の可能性もあるので油断はできません。 

 

 

一番小さい魚を入れ替えられないかと、会場方面に流しながらキャストを繰り返しますがなかなか釣れません。会場前に着いたのが12時半頃。

 

 

最後に岬周りで確かなアタリが!

 

 

しかし上がってきたのはキーパーサイズ…。入れ替えることなくタイムリミット。ウェイインへ。

 

 

 

 

他の選手達を見るとなかなかのgoodサイズを持ち込んできています…。はたして…、、、

 

 

結果は、3本・3,672g。

 

 

 

 

 

なんとなんと、優勝しちゃいました!   

 

 

 

 

 

 

池原ダムの強豪揃いの選手達の中での優勝はとても嬉しかったです。

 

 

 

 

 

最終戦も頑張ります!

 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター奈良で年間2位!

こんにちは、谷口です。

NBCチャプター奈良・第4戦に参戦してきました。今年は年間優勝を目指す!と公言して挑んできて、今回の第4戦が最終戦となる大会でした。

 

 

最終戦を迎えての年間順位は2位!

 

 

しかしトップとの差は10ポイント…。

 

 

逆転するには大きすぎるポイント差でしたが、やれる事をやり切ろうと前日から大会会場の七色ダムへ入りました。

 

狙いは良型の回遊バスをサイトフィッシングで!と考えていたのですが、自分が思うポイントでは回遊に出会うことが全く出来ず…。唯一確認出来たのが大又川上流のサンドバー。

 

サイズは700g前後でしたが、ここまでの湖のコンディションを考えると3本のリミットメイクで2kgを超えるポテンシャルはアリです!

 

ただ優勝を狙うにはウエイトは足りないので、その後も良型が回遊しているポイントを探して湖を奔走。

 

そしてサイトフィッシングではないのですが、北山川筋の旧発電所上流の流れ込み付近で待ち望んでいたバイトを得ることが出来ました。

 

 

それは推定60オーバー!!

 

 

慎重に沖に誘導したのですが、ジャンプでフックオフ…。しかしその後ろにも数本の良型バスを確認するが出来ました。

 

これで当日のプランは大又川上流で2kgのベースを作って、残り時間はこの良型に出会う事を信じてやり切るに決定!

 

 

そして迎えた大会当日。

 

 

フライトが早かったこともあり、狙い通り大又川上流サンドバーへ入るとこに成功。

 

水深3mまでを回遊しているバスをサイトで狙うので他の選手のプレッシャーを少しでも避けたいと思い、マイエリアの主張する意味で普段は使わないマーカーを投入。

 

リグはアクティブ・RSトーナメント1/16ozのダウンショットをメインに、アクティブ・MSトーナメント1/32ozをインサートしたネコリグ、ノーシンカーを用意。

 

しかし前日同様、バスは見える水深で確認出来るものの無反応…。リグもキャストするポイントも色々試したが反応はイマイチ。

 

何が違うのか考えてみると、前日より減水している事に気が付きました。おそらく水深が更に浅くなったことにより、バスへのプレッシャーが高くなってしまったみたいです(汗)

 

 

そこで少し水深のあるサンドバーのブレイク沿いに狙いをシフトしました。

 

 

更に沈んでいる岩や木の小さな変化を把握するためにダウンショットのシンカーをアクティブ・DSトーナメント1/16ozに変えて投入!

 

このアクティブ・DSトーナメントの感度は他のシンカーと比較してもピカイチで、現在は製造されておらず手持ちが少ないため、ここぞ!という時の必殺アイテムです。

 

 

そしてこの狙いが当たり、待望の1本目となる750gのバスをGET!

 

 

その後も反応は薄いですが、同じリグで何とかリミットメイクに成功しました。しかしウエイトは予想を下回る1,800gほど。

 

粘ってウエイトアップすべきかどうか悩みながらその場で釣り続けていたのですが、暫定1位の選手がこのポイントの近くでリミットメイクしたのを見てしまったので、このままでは絶対勝てないと移動を決断しました。

 

狙いのポイントは前日の60ポイントですが、移動しながら気になるポイントをランガン。しかし、入れ替え出来るバスに出会うことは出来ず、遂に最後の頼みの綱のポイントに到着。

 

 

そして、1投目にバイトが!

 

 

心の中でマヂかーーー!きたーーー!っと叫び、奇跡が起きたと思ったのですが…。奇跡はそんな簡単に起きるはずもなく、数10gの入れ替えフィッシュでした(泣)

 

 

そして敢えなくここでタイムアップ…。

 

 

 

 

結果は3本・1,849gで11位。

 


もちろん年間優勝には届かず、現状維持の年間2位で今年のNBCチャプター奈良は終了しました。

 

 

 

 

残念でしたがポイント差を考えるとまだまだ実力不足かなと納得。ただ、悔しさはあるので来年また年間優勝に挑みたいと思います!

 

 

 

 

そして今回ダウンショットに使ったシンカーのアクティブ・DSトーナメントですが、リニューアルして再販予定なので楽しみにしていてください!

 

使ったことない方も是非一度使ってみてくださいね!

 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター北兵庫・第2戦で5位入賞!

こんにちは、ミラクル谷田です。

NBCチャプター北兵庫・第2戦に参戦してきました。

 

少し遅めに前日プラ入りをして、10カ所程の場所を確認しました。しかしフライト順の運任せの展開になるのは必須です。

 

 

 

 

【 平成29年5月14日(日)晴れ 】

 

フライト順は割と早い方のスタートになりましたが、先行者が次々に狙っていた場所に陣取っていきます。移動しながら、ふと目をやると、中流域の見つけていた2カ所の場所に誰もいなかったのでUターンして入ることにしました。

 

 

 

 

選手の移動が落ち着いた頃にその場所を確認すると、2カ所ともバスが確認できました。

 

 

約1,000gと約800g、2匹あわせて1,800gはありそうです。

 

 

この場所は2カ所とも倒木がらみでアプローチが難しいため、さきに比較的オープンエリアの魚にアプローチをすることにします。オープンエリアといっても手前には大きな倒木があるため、スピニングタックルではラインブレイクの心配があります。

 

 

ラバージグ、ダウンショット、ネコリグ、ノーシンカー…。

 

 

ベイトフィネスなタックルで時間を費やしましたが、思うように口を使ってくれないため、午前11時頃に仕方なくスピニングを手に取ります。

 

スモラバを付けたそのリグを投じた5投目、あっけなく口を使ってくれました。更に運がいいことにバイトと同時に手前に走ってきて、自らカバーから出てきてくれました。

 

慌てて巻き合わせをして、数回追い合せをしてフッキングに持ち込みます。次は倒木に巻かれないように操船し、カバーから遠ざけます。

 

 

バスも必死です…。

 

 

隣のカバーに入ろうとするバス。ドラグを押えて半ば強引に寄せ、ギリギリの所で巻かれるのを食い止めます。最初に仕留めたのは、1kgはあるナイスサイズ!

 

 

続いて、隣の場所へ。

 

 

…っと、あれ?

 

 

…居ません。

 

 

…。

 

 

いくら捜しても見当たりません。どうやら減水でその場所を放棄したようです。

 

 

これは予想外。2本揃ってやっとお立ち台に上がれると思っていたため、急いで次の魚を求めて下流域に向かいます。しかし時間がかなり過ぎていたため、もうすでにサカナがいなかったり、先行者で入れる場所がありません。

 

そして午後0時50分頃、バスを捜しながら第3ワンドの最奥に入った時、風の影響でボートが浮き物カバー&沈船にぶつかってしまいました。

 

 

すると、中からキーパーサイズの黒いバスが驚いて出てきました。

 

 

「おぉ、キーパーやんか…」と思った瞬間、姿を見失ってしまいました。ここでカバー周辺をアクティブ・MSトーナメント1/20ozを頭部に入れたワームを使い、カバーの隙間に落としていきます。

 

そして沈船付近にアプローチをして、ピックアップの際にティップに重みを感じました。

 

 

???

 

 

そのまま強引に抜き上げた魚は、先ほどの黒い魚体のバス。どうやら沈船に戻っていたようです。狙い通り何とか2本目を釣る事ができました。

 

その後、試合時間終了がせまっていたため、バスを捜しながら帰着に向かいましたが、タイムアップ。

 

 

 

 

 

結果、2本・1,396gで5位入賞!

 

 

 

 

 

アクティブ・MSトーナメント1/20ozで仕留めた最後の1本が効いて、何とかお立ち台に滑り込めました。

 

 

 

 

あとアクティブ・フィッシュスケールもお忘れなく!

 

 



アクティブ・ホームページへ


アクティブCUPで2年連続優勝!

こんにちは!生島です。

先日、NBCチャプター布目・第3戦「アクティブCUP」に参加してきました。

 

 

季節はアーリーサマー。

 

 

前日プラでは、アフター回復系を中心に狙っているとキロアップの魚がポロポロと釣れる状況。

 

 

 

 

バイト数こそ少ないが、場所さえ間違わなければ3kgは釣れるだろうとプラを終えようとしたが、とある場所も気になっていたので岸際を確認するとまだバスがいた。

 

日々、減水しているので誰もが気づくであろう場所にあった約1,500gの魚を見守りながらプラを終えました。

 

 

そして、むかえた大会当日。今回はアクティブCUP。チームアクティブ・谷口様の挨拶。

 

 

 

 

気合十分で大会に挑みました。スタートして真っ先に向かったのは、前日に見つけていた下流エリアのとある場所。

 

 

恐る恐る魚を確認すると、、、

 

無事に発見!

 

 

アクティブ・RSトーナメント1/2ozをセットしたヘビーダウンショットでアプローチした2投目に、、、

 

バスの口にワームが入った瞬間を確認すると同時に大きくフッキング!

 

 

何度も強烈に走るファイトの末、ランディングに成功!

 

ランディングネットに入った瞬間、思わず “ ヨッシャーーーーー!!!!! ” と大きな雄たけびをあげてしまいました。

 

 

アクティブ・フィッシュスケール2kgで測ると約1,500gのキッカーフィッシュ!

 

 

後はリミットメイクをするために、前日良かった8mのフラットエリアに移動。アクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットでシューティングすると約850gをキャッチ!

 

魚のサイズは小さくなっていたが魚影を確認できたので、再び魚探と睨めっこしながらシューティングすると約1,000gをキャッチリミットメイクに成功!

 

 

この時点で目標の3kgを達成したのでホッと一息。

 

 

昨年も優勝したアクティブCUP。ここまで来るとやはり優勝を意識し始め、丁寧に探り、約900gの魚をキャッチし、入れ替えにも成功しウェイインへ。

 

 

 

 

 

結果は、ビッグフィッシュ賞の1,520gを含む、3本・3,390g。

 

 

 

 

 

 

昨年に続き、アクティブCUPで優勝と今季2勝目 

 

 

 

 

 

この調子で次戦も頑張りたいと思います!

 

 

シンカー:アクティブ・RSトーナメント1/2oz、1/11oz

シャツ:アクティブ・オリジナルトーナメントシャツ

その他:アクティブ・フィッシュスケール1kg、2kg

 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター池原・第3戦で準優勝!

こんにちは、ジャイアン和田です。
NBCチャプター池原・第3戦に参加して来ました。


前日プラから入り、白川筋・上流で3本・4kgは釣れるであろう場所を見つけていたので、試合当日は丸1日その場所やり切ろうと決めていました。

 

 

試合当日のフライト順もよく、無事にポイントに入る事が出来ました。

 


ポイントに入ってすぐにスクールを見つけて、アクティブ・RSトーナメント1/16ozをセットしたダウンショットをキャスト。3投目でナイスな1,800gを釣りあげ、その後2時間ほどでリミットメイク達成。

 

 

この時点で3本・約3,500gほど。

 

 

これでは勝てないと思い、アクティブ・CSトーナメントを使用したライトキャロで早巻きに切り替え、2本の入れ替えに成功。その後は終了時間がせまってきたので、帰着することにしました。

 

 

 

 

ウェイインの結果、3本・4,373gでなんとか準優勝する事ができました!

 

 

 

 

同じチームアクティブの別所選手は5位入賞とダブルでお立ち台でした。次は真ん中に立てるように頑張りたいと思います!

 

 



アクティブ・ホームページへ


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode